タフオ

Just another WordPress site

*

米国大統領選予備選は終盤へ、絞られた党代表は日本にとってやばい

      2016/06/11

Pocket

いよいよ米大統領選の候補者を決める共和党・民主党指名の獲得争いは中盤から終盤になり、両党の代表候補が鮮明になった来ました。4月26日は東部5州で予備選を開き、共和党の不動産王ドナルド・トランプ氏(69)がコネティカット、デラウェア、メリーランド、ペンシルベニア、ロードアイランドの5州すべてで勝利しました。民主党はヒラリー・クリントン前国務長官(68)がペンシルベニア州やコネティカット州など4州を制しました。6月まで続く予備選・党員集会の日程を追いながら、今後の党代表選のレース展開を見てみましょう。

スポンサーリンク


2016年4月末の主要候補の代議員獲得状況

主な民主党候補
(写真リンクで詳細検索)

過半数
2,383

代議員総数
4,765

ヒラリー・クリントン

 クリントン  2,168
(45%)
過半数まで(215)

 バニー・
サンダーズ

 サンダース 1,401
(29%)
過半数まで(982)
残り1216の81%獲得ほぼ不可

主な共和党候補
(写真リンクで詳細検索)

過半数
1,237

代議員総数
2,472

 ドナルド・トランプ

 トランプ 988
(40%)
過半数まで(249)
トランプ氏のみ過半数可能
 テッド・
クルーズ
 クルーズ 568
(23%)
過半数まで(669>502)不可
ジョン・ケーシック ケーシック 152
(6%)
過半数まで(1085>502)不可

 マルコ・
ルビオ

 ルビオ 173
(7%)3月15日撤退

◎今後の各党予備選挙日と代議員数◎

日付 州名 民主党 共和党
5月3日 インディアイナ州 92 57
7日 グアム州 12
10日 ウェストバージニア州 37 34
ネブラスカ州 36
17日 オレゴン州 73 28
ケンタッキー州 61
24日 ワシントン州 44
6月4日 バージン諸島 12
5日 プエルトリコ州 67
7日 カリフォルニア州 546 172
モンタナ州 28 27
ニュージャージー州 142 51
ニューメキシコ州 43 24
ノースダコタ州 32
サウスダコタ州 25 29
14日 ワシントン酒 46
合計 1,216 502
7月18日~21日:4日間 共和党大会
7月25日~28日:4日間 民主党大会
11月8日(日) 大統領選挙

スポンサーリンク

◎まとめ◎
5月中にも民主党はヒラリークリントン氏、共和党はドナルド・トランプ氏に各党代表がほぼ決定する状況です。
実質、4月末時点で残りを民主党のサンダース氏が8割を取らねばクリントンに勝てず、共和党のクルーズ・ケーシック両氏の票数を合わせても、残りで挽回できず単独では勿論、不可能です。よって5月3日インディアナ州選で両氏とも党代表勝利宣言をするでしょう?
よってどちらかが、次期米国大統領となり世界のトップリーダーになりますので、当然ながら日本はその影響を強く受けます
クリント氏はどれだけ極東に安全保証や経済に理解されているのでしょうか?
彼女は第1次オバマ政権下の2009年から2013年まで外務大臣にあたる国務長官を務めて、今回の大統領選の候補者の中でも外交にいちばん経験があります。第1次オバマ政権で極東地域への旋回 (pivot)・再均衡 (rebalance) を打ち出して,極東・太平洋地域が「世界政治の主役になりつつあるとし,米国の関与は必要不可欠である」 と述べてました。
トランプ氏はコメンテイターの経験とビジネス経験で人心を先導・掌握・マーケットリサーチに長けているのかもしれませんが極東どころか外交、否政治経験の無いビウジネスマンです。そして日韓に対して安保ただ乗り論を展開、両国により多くに負担を願い、場合によっては日韓自分達での核武装化を推薦しています。最近、予備選勝利が見えて今までの様な過激発言は減少していますが、当選の暁は相当な混乱が予想されます。日韓の自前での核武装化を狙う人々には歓迎される人と思います。
7月の両党大会の前に党代表が決定し、11月の本選で決選投票となります。今後も、日本外交にはアメリカが必要不可欠ですがトランシプ氏が大統領になった場合、我が国の自立力が問われます。長期的にその自立力が必要と思われます。現代の超大国はアメリカ・ロシア・中国ですが理想を唱え模範的に行動する国はありません。日本も現状ではできていません。でも日本は真のリーダー国としての資質国を持ち、その道が我が国の今後の発展に寄与するものと信じます。  

スポンサーリンク

 - 政治