タフオ

Just another WordPress site

*

パンギムン事務総長は今年末に退任、来年末の韓国大統領選に出馬か?

   

Pocket

潘基文パン・ギムン事務総長(72才)は今年末に2期10年間の職を退任予定です、そして来年末は韓国大統領選に出馬予定と言われています。よって韓国は勿論、再度極東アジアに大きなお影響を及ぼす可能性大なる人物に注目しました(基本情報はウィキペディアより)

スポンサーリンク

プロフィールⅠ(大卒~外務大臣)
1944年6月13日生まれ(71才)、出身は忠清北道
(チュンチョンプクト、ちゅうせいほくどう)で大韓民国中部(朝鮮半島中部よりやや南)に位置する行政区、 国唯一の内陸道(周りを海と接していない道)、ほとんどが山地。
1970年2月(25才)にソウル大学校外交学科を卒業し、同月高等外交官試験に合格、3月に外交部に入部した。1972の駐インド韓国大使館副領事を初め、1974年同二等書記官など主に海外勤務畑を歩み、1980年(35才)に外交部国際組織条約局国連課長に就任した。

その後外交部派遣によりハーバード大学ケネディ行政大学院に留学し、1985年4月に修了、修士号を取得した。1985年4月に首相外交儀礼担当秘書、1987年7月(43才)には駐米大使館総領事、1990年6月に外交部米州局局長、1992年2月に外相特別補佐官、1992年7月に駐米公使、1995年2月の外交部副長官を経て、1996年11月(52才)には金泳三の外交安全保障担当大統領特別秘書となった。

その後2000年1月(55才)に外交通商部副長官、2001年5月に国連大使、2002年2月に無任所大使を経て、2003年2月、大統領盧武鉉(当時)の外交政策補佐官、2004年1月(59才)からは外交通商部長官(外務大臣)に任命されている。

盧武鉉(ノ・テウ第13代大統領)政権下では、大統領府主導で政策決定が行われていたため、潘基文は大統領府と外国政府の板ばさみになって大いに苦労した。太陽政策進展に尽力したが、自らの発言の数日後にその発言と反する内容の大統領発言があるなどの出来事もあった。

プロフィールⅡ(国連事務総長への道)
2006年2月、国連事務総長選挙に立候補することを表明した。他の有力候補にはインド人の国連事務次長(広報局長)シャシ・タルールタイ人の副首相スラキアットスリランカの元国連事務次長(軍縮局長)ジャヤンタ・ダナパラの名があげられたが、7月24日に行われた国際連合安全保障理事会の各理事国による予備投票において潘は最も多くの票を獲得し、有力候補の一人となった。

2006年10月2日、国連安全保障理事会は4度目の予備投票を行った。この結果、拒否権を持つ常任理事国5カ国が一致して潘氏を支持し(安保理全体では14カ国の支持)、当選が確実となった。

潘氏は厳しい日韓関係の中でも、日本の外務大臣麻生太郎(当時)との会談で信頼関係を醸成した点など、“外交のプロ”と言われ、日本外交当局の評価も高かった。国連大使の大島賢三は「アジアの優れた候補から選出するという目的に沿った方向で事態は動いている。日本政府としての態度を最終決定した上で、正式投票に臨む」と語った。

潘はアメリカ合衆国と縁が深く、アメリカ政府との関係も良好と見られる。10月3日、潘の当選が確実となった予備投票の結果を受けて、アメリカの国連大使ジョン・ボルトンは「米国はこの結果を歓迎する」と述べた。

2006年10月20日ソウルを訪問した麻生太郎は、潘が次期国連事務総長に当選したことについて「我々もアジアとしても大変誇らしい」と祝福した。これに対して潘は「日本は国連で活動を活発にしている重要な国だ。安保理議長国として努力していることを評価する」「事務総長に就任したら、日本と緊密に連携、協調していきたい」と述べた。

2006年10月14日、国連事務総長に当選する。2007年1月1日から5年間、事務総長職を務める。

2011年UNの加盟国192カ国の全会一致で2012年1月1日から5年間、2016年末まで再び務めることになった。

事務総長として

国連本部で潘基文(右)と第18代朴槿恵韓国大統領(2013年5月)  ジョン・ケリー国務長官(右)と潘基文(2013年2月

台湾の国連加盟問題について「台湾は中華人民共和国の一部(一つの中国)」という見解を示している。2007年7月19日に陳水扁中華民国総統は「台湾」としての国連加盟を求める親書を潘基文宛に送付した。23日、国連事務総長報道官は中華人民共和国の代表権を認めた「アルバニア決議」を理由に、この親書を返却した。アメリカおよび日本は台湾が国家としての条件を備えておらず、国連加盟には反対であるとしながらも、アルバニア決議には台湾単独での国連加盟を妨げる表現は存在しないと抗議している。

2013年9月3日、潘基文は記者会見の場で、「軍事力の行使は国連憲章51条に基づく自衛のため、もしくは国連安全保障理事会が承認したときにのみ合法」との立場を明確に示し、シリア騒乱に対する軍事的介入(人道的介入)を計画する米国を牽制した。この立場は、2005年10月の国連首脳会合成果文書において確認された「保護する責任」の軍事行動の正当化要件に合致する。潘基文はかねてから「保護する責任国連事務総長特別顧問」の新設を提案するなど、「保護する責任」の概念を擁護していた。

人事問題
元国連大使の崔英鎮を駐コートジボワール特別代表に任命するなど、国連の主要なポストに自国民を起用したことから、縁故主義であるとして潘に対し国連内から反発が生じている。これに対して潘は、元々国連への財政負担の割に極端に職員数が少なかった韓国人職員の数が増えたに過ぎない、と反論している 。
但し、韓国は国連分担金のうち、10個国際機関分担金(1億1600万USドル)を滞納しており、2007年に(4100万USドル)、2008年に(7500万USドル)を投入して滞納を皆解消する計画を示してはいたが、この発言の時点では完済していない
この傾向は徐々に高まっており、2007年には潘の娘婿のインド人が国際連合イラク支援ミッション (UNAMI) の官房長に抜擢され、国連職員組合は「親類縁者や友人を頼った求職」を批判する文書を2007年12月に採択する事態となっている。

事務総長としての中立性
国連事務総長は複数国家の代表として、職務の中立性が求められる。しかし、潘は事務総長就任以来、上記の縁故採用問題の他、たびたび事務総長としての中立性を保っていないばかりか、むしろ自ら破っていると指摘される出来事を起こしている。

2007年10月24日の「国連の日」においては、毎年この日に恒例行事として国連本部で行われる事務総長主催のコンサートが開催された。加盟192ヶ国の大使や外交官ら約1600人が出席した。この日、潘の意向によって母国のソウル・フィルハーモニー管弦楽団が公演を行い、ソウル市と韓国国連代表部がコンサートを後援した。

このコンサートの場において、韓国国連代表が作成した「Welcome to KOREA」と題された、日本海を「東海」と表記した英文のパンフレットが式次第とともに配られた。事務総長が主催する国連コンサートでこうしたパンフレットを配布するのは過去に例がなく、国連側はその場で回収するなどの措置も取らなかった。
韓国側は地名の表記方法などについて話し合う国連地名標準化会議で、日本海の呼称を「東海」と併記するよう求めており、加盟国大使らが多数出席するコンサートの場を利用して自らの主張の定着を狙ったものとみられる翌日、日本の国連代表部は国連事務局と韓国国連代表部に対し、文書などで抗議を行った。
2008年7月3日、 事務総長就任後初めて訪韓した際に、訪韓の感想を問われて、「韓国人の国連事務総長として韓国の国力伸張に貢献できるようベストを尽くす」と述べた。一方で、2008年になり、韓国国内の政治の混乱、また国際社会において韓国が自ら果たすべき役割の規模が小さ過ぎるという現状に対し、メディア等で苦言を呈する場面も出てきている。
2013年8月26日、前任の事務総長までの慣習である「歴史を消し去ることはできない」との言及をやめ、「『日本政府や政治指導者ら』は、とても深くみずからを省みて、国際的で未来志向のビジョンを持つことが必要だ」と中立的立場をとらない対日批判を行った。なお国連憲章100条1 には「事務総長及び職員は、その任務の遂行に当って、いかなる政府からも又はこの機関外のいかなる他の当局からも指示を求め、又は受けてはならない。」との記載があり、この規定に抵触する可能性が指摘されている。中国外務省はこの発言に対して「『積極的に』評価する」と支持表明し、韓国との共闘をアピールした。
2015年9月3日、北京で行われた中国の「抗日戦争勝利70年」記念式典と軍事パレードに出席。日本の菅義偉(すがよしひで)官房長官が8月31日の会見で「国連には190か国以上が加盟しており、国連はあくまでも中立であるべきだと思う」と述べ、国連内でも出席に疑問を持つ声があがるなど、中立性に疑問が呈された。2015年9月4日、この日本側の抗議に対し、潘国連事務総長は中国中央テレビのインタビューにおいて「国連は中立的な機関(neutral body)ではない」と正面から反論した

各国評価
ニューズウィーク』は「潘基文(バン・キムン)事務総長の無能ぶりは際立っている」と批判し、潘氏は大きな失敗を犯したわけではないが、核問題や難民問題にも関心を示さず、「世界中で名誉学位を収集して歩き、見事なまでに何も記憶に残らない声明を発表し、事務総長として影響力を発揮できたかもしれない貴重な機会を無駄にすることに費やしている」と批判した。
またアメリカの『フォーリン・ポリシー』誌(en)は、潘氏は歴代事務総長の中でも特に指導力や存在感を欠き「国連を無意味な組織にした」とし、イギリスの『エコノミスト』誌は潘氏の管理・調整能力不足を批判し、潘氏自身が最重要課題に挙げた地球温暖化問題も含め潘氏には大きな実績はなく、潘氏は欧米諸国の支持を失っているとした。
潘氏は2009年7月にはアウン・サン・スー・チーとの面会のためミャンマー入りしたが、スー・チーとの面会を果たさぬままミャンマーを去った。これを受けてオスロ合意締結に尽力したノルウェーのモナ・ユール英語版(当時次席国連大使、夫のラーセン(Terje Rød-Larsen)は潘氏の下でレバノン問題特使を務めていた)は、本国政府宛の公電において潘氏のミャンマー訪問を「指導力を見せようともがく事務総長を象徴する成果のなさ」と批判し、スリランカ情勢をめぐっても潘氏は「非力な傍観者」でしかなかったと批判。『ニューズウィーク』はこのユールの公電について報道し「潘氏は国連事務総長になるべきでなかった」と批判した。潘氏はノルウェー訪問中にユールの公電に対し「わたしたちはみな異なるバックグラウンドと異なるリーダーシップのスタイルを持っている」と反論した。
ヒューマン・ライツ・ウォッチ』は2011年1月24日に発表した年次報告書において、潘氏について「人権侵害を繰り返す国々に対して、国際的な地位がそれほどでもない国々に対しては、強い批判を口にするが、中国のような大国に対しては何もしない」と批判した。
世界連邦運動世界政策研究所のウィリアム・ペイス専務理事によれば、潘基文氏は人権や途上国の開発分野において優れた功績をのこしていると述べている。一例ちとして、2015年から2030年までの世界の貧困削減目標を定めた『持続可能な開発目標』の採択におけるリーダーシップを挙げ、この採択は過去20年間で最も成功した国家間交渉の一つだと述べている。
国連の組織運営については、潘氏に最も近しい人たちの話として、潘氏が国連組織を適切に運営できるようになるまで2年以上かかったと述べている。しかしながら国連人権高等弁務官の任命過程は適切で、また、人事や職務上の不正をしていないことは今日の世界では特筆すべきことだと述べている。スーダンにおけるダルフール危機、リビアやシリアにおける内戦、イスラム国の拡大などの事態について、潘氏のリーダーシップの欠如を批判する声もあるが、事務総長はスケープゴートにされているだけで、主たる責任は安保理の常任理事国5ヶ国にある述べている。ペイス専務理事は潘基文氏を総評して、「カリスマ性は無いが遺産を残したリーダー」と述べている。

内部査察室事務次長との確執
国連内部査察室トップのインガブリット・アレニウス事務次長は、2010年7月の退任時に潘基文事務総長に50ページにわたる報告書を提出し、その中で「国連は活動の透明性も説明義務も果たしていない」、「事務総局は腐敗しつつあり、戦略なき無責任な運営は、国連の改革をもたらさないどころか国連の弱体化を招いている」と述べ、「彼の行動は嘆かわしいだけでなく厳しく非難されるべきだ」と潘氏を真っ向から批判した。
同報告書では、潘事務総長が会計監査報告の公開や犯罪とみられる行為の告発を拒んだり、空席状態が続く調査部門責任者の人事を却下したり、業務を阻むような行動を取っていたと指摘している。この2人の確執は以前から知られており、調査部門の人事をめぐっては、アレニウス事務次長が米検察官のロバート・アップルトン(Robert Appleton)を2度推挙したが、潘事務総長はまともに取り合わなかったという。このことに関してアップルトンは、潘事務総長が本来中立であるべき監察室の人事に政治的な介入を行い、不当に採用を阻まれたとして、国連不服審判所に150万ドル相当の損害賠償などを求める訴えを起こしている。

日本との関連
潘氏は外交通商部長官就任後、盧武鉉政権の対日強硬路線に沿って日本を批判した。マスコミとの会見においては、小泉純一郎首相の靖国神社の参拝強行、日本政府の「歴史歪曲」や竹島に対する領有権主張などによって日韓関係が冷え込んでいると主張、日韓関係改善には日本が歴史問題を正しく認識すべきであると主張した。
一方で、潘氏は小泉の首相時代の靖国神社への参拝で日韓関係が冷え切った中でも関係改善に努力していた点から、日本の外務省にもいい印象を与えている。北朝鮮の核問題などをめぐる交渉で知己を得た、アジア大洋州局長の佐々江賢一郎は「バランスが取れ、よく考える人だ。何より日本への偏見がないのがいい」と評価する。
2006年10月20日にソウルを訪問した麻生太郎との会談で、潘氏は北朝鮮による日本人拉致問題に触れ、「拉致問題では国連事務総長として特別の関心を払いたい。協力していきたい」と述べた。潘氏は11月6日に来日し、再び麻生と会談、日本人拉致事件について「拉致問題に関する日本の関心は誰よりも承知している。事務総長としてできる協力をしたい。役に立つことがあるのではないか」と述べた。
一方で、慰安婦問題に対しては米国下院の決議案を支持する姿勢を堅持したり、自身主催の国連本部開催でのコンサート上で日本海を「東海」に変更すべきだというパンフレットを来場者に配布したことが発覚し、日本政府から強く抗議されたりと、現在の日本政府の立場とは相容れない部分もある。
以上の日本への対応から、一部では「潘氏が事務総長である間は日本の常任理事国入りは叶わない」ともされている。ただし潘氏自身は、国連安保理の拡大の必要性を認めている。
2010年8月6日、広島で開催された広島平和記念式典に国連事務総長として初めて出席した。また、それに先立つ8月5日には長崎を訪問し、被爆者との面会や爆心地公園での演説を行った。長崎への訪問も歴代国連事務総長では初めてである。
2015年8月16日安倍談話に対して中立性に欠ける韓国擁護発言をしたとして、国連加盟国から抗議を受ける。

人物特徴
韓国内では、上司の言うことは何でも聞く「イエスマン」(韓国経済新聞)、「米国べったり」(アジア外交筋)、「本音を出さず、無色無臭で生き残った」(韓国紙日本特派員)等の辛口の評価もある。韓国では「答えるのが難しいデリケートな質問が多くなされてもよく抜け出る」という意味で「油をさしたウナギ」というニックネームがあった。
国際連合事務総長では唯一、自分の信仰している宗教の有無を明言していない
2015年12月14日、ニューヨークで開かれた国連報道協会の忘年会で、自分がいかに過酷な勤務を行っているかを説明するPV(プロモーショビデオ)を発表した。一日の睡眠時間は2時間未満、食事やトイレの最中も事務を行い、スーツのまま就寝するという内容だった。

スポンサーリンク

まとめ
韓国社会の特徴で氏族間の繋がりが強く、一人の出生人物に対して多くの親族が群がり、その縁を使い隆盛の恩恵を被ろうとする事が良く有る事らしい。その際たる事が大統領になった人物を中心に起こる。その為殆どと言って在職中には逮捕されない大統領特権で守られているが、在職中は家族や親戚が逮捕され、退職後は元大統領までが逮捕、有罪判決を受けることがよくある事です。そうした韓国人気質を標本にしたような人物と思われる。

上記の人事問題~人物特徴内容で9割は現事務総長を批判・非難しています。一方でなれば、なぜ2期約10年もその職に要られたのか?少なくとも5年で、2期目の時により良き人、彼よりましな人物がいなかったのか?それとも言われているほど悪くないのか?

来年末までは十分時間があるので、適時②の疑問を思い出し、彼の言動を注視してその回答を冷静に見出したい。
それにしても本音「国連は中立的期間ではない」事を事務総長が言うこと?   完

 

スポンサーリンク

 - 政治