タフオ

Just another WordPress site

*

世界から反対されても北朝鮮はミサイル発射を続ける理由と今後は?

      2016/02/15

Pocket

人は目的無く行動はしません、たとえ我々が想像できない事では彼らの哲学、思考では・・・
孫氏の兵法いわく【彼を知り己を知れば百戦殆うからず】、更に【戦わずして勝】が望ましい

スポンサーリンク

1:何故に、世界中から反対されても北朝鮮はミサイル発射を続けるのでしょうか?
 国家は家庭の集合体、そして家庭は夫婦・親子よりなります、さらにそれは個人の集合体です。
従って、立派な個人より立派な家庭そして立派な国家の代表になります。
そして、

個人的レベルでも人格者で人の為に役立つ事を喜ぶ生きがいに感じる人はより善人に他人の為にいり生きようとします。
 々 レベルでも非人格的で自己中の人は他人に迷惑をかける事を平気でして注意すれば逆切れする。平気で他人に要求する。
国家でもどんな国にも人格者はいますが選抜された代表者が上記の個人レベルでの非人格的な場合は
国家レベルが非人格的他人に迷惑をかける事を平気かつ他国に要求する事が多い事になります。
残念ですが北朝鮮は非人格的な国家として皮肉にも非常に明白な実情があります。

①国連加盟国から経済制裁を受けていますが特にアメリカの制裁解除を引き出す交渉カードにする。
アメリカさえ、自分達(北韓)を認め援助・保護する立場に立てば多くの国がそれに習うと信じている。

②イラン、パキスタン、シリア等にミサイル輸出経験があるので、今後の販売用にデモンストレーションする意義があります。
③指導者として若く殆ど実績がない金正恩氏は自国民に対して、彼を中心とした新体制は偉大だとアピールする必要があります。
④特に軍部は今までの体制維持に必要不可欠でしたし、これからも彼らの力が無ければ体制の継続は困難です。
従ってどんな犠牲を払っても軍部とりわけその幹部を掌握する必要があります。
なので彼らの願望をかなえ、目標を達成した場合
など、賞賛を褒賞(ほうしょう)を与え続ける必要があります。

スポンサーリンク

2:ミサイル発射の継続はどこまで継続するのでしょか?本気でアメリカは止めないのでしょうか?
①今回の発射は韓国でも成功を認めています。
当然、当事者の成功に対する判断基準は詳細にあると思いますがおおむね成功した事は間違いありません。
それはアメリカ(ワシントン・ニューヨーク等の)東海岸にまで、弾頭を運搬できる可能性を保有した事になります。
そしてその弾頭は先日、発表した水爆実験により核爆弾の性能(小型化と破壊力)をアップしたとする事とリンクします。
今回の打ち上げ目的は核爆弾ミサイルが最重要交渉国であるアメリカ本土までも網羅できる性能である事を実証するものでした。
②本気でアメリカは北韓ミサイルを阻止しるのでしょうか?
オバマアメリカ大統領は持論「アメリカは世界の警察官役をしない」を発表した人ですから、
更なる核ミサイル開発阻止を防止する決定はしないと確信します。
また、今年が在任4年目、大統領選の年で再出馬はなく次期大統領にはなれません。
つまり来年の新大統領が誰になり、その新方針で北韓の核ミサイル開発をどのように判断するのか?
大変、注目される所です。

3:北朝鮮の2020までの中期的(4年間)展望
①北朝鮮国内の経済問題等は現状路線の継続からは打開できず最高指導者金正恩氏の立場は益々悪化予想
②アメリカ次期新大統領の軍拡外交阻止は十分ありえます。
明確に失敗したかつてのイラク戦争よりも問題解決ははるかに簡単と思えるし、
何もしない脅威・不安より決断後のリスクが低く思われます。
③後ろ盾中国は自国内の矛盾とアメリカとの緊張は共に高まり、北朝鮮との隔たりは拡大します。

②金氏個人の健康悪化説より、国内外の諸問題(上記①②③)は拡大する可能性が大きく、
その事が更に健康を害する恐れが高いく、追い詰められた最高指導者の決断が勇断であって欲しいです。

以上、お読み頂き感謝します。
(北朝鮮問題は極東アジア全体の平和と繁栄に不可欠です。早期、根本的解決を切望します、一国平和主義はありえません。)

 

 

 

スポンサーリンク

 - 世界平和