タフオ

Just another WordPress site

*

パナマ文書は世界のエゴ富者を震撼させその責任を問う!続く更なる公開

   

Pocket

・パナマ文書にはタックスヘイブン(租税回避地)用作成された極秘文書です。税金逃れを目的とした問題の資産家、有名人、企業名等情報のリストがあり、パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)によって作成された 一連の機密文書で1970年代から作成されたもので、総数は1150万件に 上る。
・既にリスト中の名前がほんの一部だけ、公表されても大騒ぎになっています。恐らく小出しにして今後も広く世界に関係者名公開されて税金逃れをしたと思われる個人や団体が問題視されると思われますので、ここに全容解明を試みたいと思います。

 備考:パナマ共和国(通称パナマ)
面積:74,178 km²   ・首都:パナマ市   ・大統領:フアン・カルロス・バレーラ (2014年〜)
通貨:アメリカ合衆国ドル            ・人口:3,929,141 人 (2015年)
・パナマは北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の境に位置する共和制国家である。北西にコスタリカと、南東にコロンビアに接し、北はカリブ海に、南は太平洋に面する。首都はパナマ市。

パナマ文書に暴露された人々中国外貨準備高推移表
①中国:中国は世界一に外貨準備高を誇りますが、最近は経済不調より際立って減少していますが、それに追い打ちをかけているのが要人の資産隠しです。(日本の外貨準備高は中国の約1/3、1兆ドルで世界第二位、第三位はサウジアラビアで日本の半分です)

習近平・国家主席ら共産党政治局常務委員3人の親族の名前が関与するカリブ海の英領バージン諸島や南太平洋のサモアにあり、多額の資産隠しが疑われている。

劉雲山・党政治局常務委員の義理の娘が同諸島の会社役員を務め、張高麗・副首相の義理の息子も3社の株主になっていた。ほかにも李鵬・元首相の娘で国有電力企業幹部である李小琳氏や故・毛沢東氏や曽慶紅・元国家副主席ら党政治局常務委員経験者の親族が関与する会社があった。

習主席2016年9月に中国・杭州で開く主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、自ら進めてきた汚職撲滅キャンペーンの成果を国内外にアピールするとみられていた。だが、党最高指導層の親族らの不透明な資産管理が疑われ、難しいかじ取りを強いられそうだ。

中国外務省の陸慷・報道局長は7日の定例会見で「この問題について評論しない」と述べた。

内部文書の流失を引きおこした法律事務所「モサック・フォンセカ」は香港や中国大陸の主要都市に拠点を置いている。その事務所が手がけた1/3が香港と中国の拠点を通じた業務から中国企業の海外進出をサポートしたためと言う

内部文書は中米パナマの法律事務所から流出。同事務所のホームページ(HP)によると、同事務所は香港版HPでは「1987年以来、中国の政府機関や法律事務所などと協力して中国企業の海外進出を支援してきた」と中国側とのパイプをアピール。AFP通信によると、同事務所が手がけた事業の3分の1が香港と
中国では経済発展とともに権力を掌握する共産党幹部の腐敗が深刻化し、00年代から権力と財力をかさに着た幹部子弟の豪遊、横暴ぶりが庶民の反感を買うようになった。さらに、党幹部が親族を隠れみのに海外に膨大な財産を保有する例も相次いだ。

②ロシアのプーチン:英国領バージン諸島に友人ら会社を使い共に20億ドルの資産隠し。

③アイスランドのグンロイグソン:英国領バージン諸島に妻と共に数百万ドルの資産隠し。

④香港俳優ジェッキーチェーン:パナマ法律事務所を通して6法人を使い資産隠し

⑤サッカーのメッシュ選手:スペイン政府から脱税で告訴された直後にパナマ事務所を通じて資産隠し

⑥セコム創業者飯田亮:英国領バージン諸島に複数のペーパー会社を通じて資産隠し

まとめ

1:ドイツの当局は2年前からモサック・フォンセカ法律事務所と犯罪組織のつながりに気づき、捜査を進めていました。南ドイツ新聞記事によれば法律事務所の内部告発者が情報を当局に売り渡していた模様です。更に資産隠し者は全世界に数万人入ると見られ、その情報は各国の主要報道関係者伝えられています。現状は初期段階で今後益々、多くの資産隠し資産家が暴露されて、公人の場合は特に社会正義的批判受けて失脚もしくはそれに値する制裁を受けると思われます。

2:日本でもおよそ400人の人々が該当すると言われています。よく言われる金を持てば持つほど金が欲しくなるそうです。貧富の差が社会秩序を混乱させて世界平和を乱す原因です。宗教もその原因と言われますが、富の独占は貧しくて人間的生活ができない人達から、全員ではないにしても憧れよりも恨みの対象になっています。努力してもその格差が縮められない事よりテロリストが生まれる遠因になっています。結論は富者は社会と世界の人々により大きな責任がある事、是非強く自覚して欲しいです。 

スポンサーリンク

 - 政治, 経済