タフオ

Just another WordPress site

*

CRISIS公安機動捜査隊特捜班の本気度と能力はキャスト・相関図・あらすじからわかる

      2017/05/10

Pocket

4月スタートの警察ドラマで頭1つ程抜きん出ているスケールだと感じるのがCRISIS「公安機動捜査隊特捜班」です。メインテーマは国家の危機管理、昨今の国際情勢で特に北朝鮮のミサイルと核開発・中国の海洋進出等において極東が不安定であることから、身近に感じるタイムリーでドラマ全体(あらすじ・キャスト・相関図・主題歌)に入りやすく楽しめると思います。

スポンサーリンク

イントロ(概観と特捜班の生い立ち)

概観

直木賞作家の金城一紀(48才)さんは韓国の血筋を持つが故に、規格外の熱い情熱で脚本を書いたのが今回の作品、その本質は筋書きのダイナミックスとアクションの魅力にあります。

予告ムビー(2分)には犯人を追い詰め、逮捕するまでのアクションが最大魅せばの1つ場がシッカリ、それはまるでアクロバットのように見える。それもそのはず、その為に主役の二人小栗・西島は1年間の猛特訓によって身につけた特技と肉体美を見られるでしょう。

特捜班の生い立ち

警視庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)は日本に迫りくる国内外の規格外事件:テロ・組織犯罪・大物政治家・クーデターに対処する規格外の人材5人を先鋭部隊として密かに結集した。それは巨大組織の警察や自衛隊が対処するには不向きな、緊急かつ重要・重大なる案件の解決・処理するのが公安機動捜査隊特捜班です。

キャスト

稲見朗(小栗旬) 稲見朗・・元自衛隊、犯人検挙時のアクションが規格外で思わず、犯人に同情してしまうことも?

小栗旬・・34才、小平市出身、身長:184cm、
配偶者:山田優(2012~)テレビドラマ『貧乏男子ホビーメン』での共演から結婚、既に二人の子供(2才と0才児)

俳優履歴はスタートが早く華やか、家族が芸能一家だけではなく、素質プラス役者として野心と情熱を関係者は評価している様です、その一部を下記に紹介します。

小6の時、内田有紀(当時18才)にあこがれてオーデションに応募、エキストラとして活躍する所から芸能界入りした。

16才で荒れた高校学園ドラマ『GTO』に初レギュラー出演した、まだその時は背が低く虚弱でいじめられっ子の典型少年だった。

20才で昨年亡くなった、鬼才蜷川幸雄の舞台に出演後、その作品の常連となる。

23才で名探偵コナン10周年ドラマスペシャルで工藤真一役で初主演を果たす。そして翌年の『花より男子2リターンズ』でブレイク。

26才でNHK大河ドラマ『天地人』で石田三成役から始まり舞台『ムサシ』で佐々木小次郎役、『TAJOMARU』で主演の畠山直光役と時代劇作品に出演した。

その後のテレビドラマ『スマイル』、フジテレビ月9『東京DOGS』『獣医ドリトル』等に出演し続けた。

また映画『踊る大捜査線』シリーズ、主演『岳ーガクー』、『時計じかけのオレンジ』でも主演、『ルパン三世』では8キロ減量して役作りして話題となった。

田丸三郎(西島秀俊)

田丸三郎・・稲見朗とは対象的人物、控えまで冷静沈着に犯人を追跡・逮捕する。

西島秀俊・・1971年年3月29日生まれで45才、八王子市出身、身長178cm、
配偶者:2014年11月19日に16才年下の一般人女性(当時26才)と結婚、彼の熱烈なるファンの一人?、昨年男子一人誕生。

1992年名門の中高一貫校・桐朋高等学校卒業して横浜国立大学工学部生産工学科3年の時、東京アフタースタジオ第1期生となり、名優藤田まこと主演の18年間続いた長期テレビドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優活動をスタートした。

1993年テレビドラマ『悪魔のKISS』で新興宗教に陶酔する青年役や『あすなろ白書』での同性愛者役で新人ながら早くも独特の魅力を発揮、特に2年後の1995年3月20日「オーム真理教による地下鉄サリン事件」を予見するドラマの役を演じたのは何の因果か。

その後も『ストベリーナイト』、『MOZU』、『チーム・バチスタ2ジェナラル・ルージュの凱旋』など刑事・医師役でも影と深みある男優として優しさ秘めた重厚感ある役が定番化した。

映画も1994年ショーケンこと萩本健一主役の『居酒屋ゆうれい』で初出演後、5年後には名優・役所広司との共演『ニンゲン合格』で初主演を果たし、主演男優賞を受賞した。2011年映画『CUT』で数々の映画賞を受賞した。映画界でも俳優としての実力は不動化。

吉永光成班長(田中哲司)

吉永光成班長・・元警視庁捜査一課の切れ者刑事、熱い中にもリーダーとしての冷静さを忘れない。

田中哲司・・51才、鈴鹿市生まれ、182cm.
2014年9月18日「機は熟した」を発表、さすが結婚発表も映画のワンシーンの如く、妻は超売れっ子女優・仲間由紀恵。えーどうしてと納得できない人が当時も今もいるよう思う。出会いはTBSドラマ『ジョシデカ!-女子刑事-』で共演後の交際。

1984年海星高卒後、俳優小林薫に憧れ俳優を目指し日大芸術学部演劇科に進学、1990年卒業。

蜷川カンパニー、串田和美、岩松了、長塚圭史等の作品に出演、2005年(39才)新国立劇場での『城』で主演を務めた。テレビ・映画に数多く出演している名脇役です。その一例としてテレビでは『SPEC』、『ATARU』、『軍師官兵衛』、舞台『浮標』『RED』

樫井勇輔(野間口徹)

樫井勇輔・・独特の風貌から察する様に特殊能力者、匂いが色分けて見える人間鑑識機。悲惨な事件でもクールで冗談も言えるが殆どの場合に皮肉に取られる。

野間口徹・・43才、福岡県出身、172cm、妻子有りで3児の父。

1994年信州大学農学部で学び、将来は教師を目指すも、演劇サークルでの上手な先輩に感化され演劇活動を開始、30歳までにメジャーデビューできなかれば辞める覚悟だった。

29才で期限切れ、ギリギリの時にCMなどの仕事が入り始め、遂に34才の2007年に『SP警視庁警備部警備課第四係』にレギュラーとなった。その後は順調に仕事が続いた。

大山玲(新木優子

大山・・情報収集のエキスパート、しかし元々は容姿からは想像しがたい凄腕ハッカーだった秘められた過去がある。

新木優子・・23才、東京都出身、165cm,2007年(14才)から活動。

小学生の時にスカウトされ同年代のファッション雑誌にて活躍。

2008年14才で『錨を投げろ』で映画初主演、昨年はフジテレビ『ラブラブエイリアン』で連続ドラマ初主演を果たした。

以上、23才ながら既に映画とテレビ共に12本にも出演、そしてCMも同様、今後の活躍が楽しみな女優です。

鍛冶大輝(長塚京三)

鍛冶大輝・・警察庁警備局長、公安機動捜査隊特捜班を自部の強い権限と期待で結成した。特捜班に対する指示命令の動機が国家の為より自分の恣意にあるように、だんだん感じてくる。鍛冶に対する指示はどこから?回を重ねていくとき、段々と気になる。

長塚京三・・71才、世田谷区出身、身長181cm、
1982年離婚したが2人の子供いる、その一人が劇作家・俳優・ナレーターの長塚圭史でその妻は女優の常盤貴子さんです。
2009年10月、長塚個人事務所の女性マネジャーと再婚していたことが判明する。

早稲田大学で、演劇サークルの劇団木霊に所属、そこには久米宏や田中真紀子らがいて互いに切磋琢磨しあった。後にパリのソルボンヌ大学に留学、その真意は? 在学中に『パリの中国人』で主役デビューした。

芸能界の重鎮、映画の主な所で30本程、テレビにはその3倍以上100本もの作品に出演している。

そしてCM本数は多くはないが俳優のイメージには大きな影響力がある事をよく示す見本のように感じる。つまりサントリー、JR東海、ローソン、トヨタ自動車、大正製薬、住友信託銀行、日産自動車など中高年層に信頼のおける人物としてのイメージが定着して相応しいスポンサーが付いているようだが、逆にCMから長塚京三のキャラが信頼おける紳士として広く国民に定着したように思える。

青沼祐光(飯田基樹)

青沼祐光・・上司・鍛冶大輝の指示・命令を特捜班に忠実に伝達する。自分の思いは別にあっても伝える、回を重ねてそれがどの様に変化するか?興味深い。

飯田基樹(イイダキスケ)・・50才、東京都出身、177cm,

長塚より約20才若いが映画の出演数は25程、テレビにおいてはNHK+民放計6局等合わせて200本弱出演している。

役どころは悪役、憎まれ役が多いい。ドラマは悪人の活躍?存在により善人が引き立つ。だから飯田の仕事には終わりがない。

相関図

主題歌

歌手Beverly(ビバリー)の規格外の歌唱力と歌「I need you love.」でドラマを盛りたてる。

5月のデビュー

毎回のあらすじとコメント

第1回(4/11):誰が犯人で何のために事件を起すのか?

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となる。
現職の宇陀川外務大臣の息子である圭介は、これまで薬物や婦女暴行など数々の罪を犯してきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物だった。
犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のPM7のニュース番組での公開謝罪を要求。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。彼らが現場に到着した時、残りは4時間足らずだった。

鍛治からの指令を受けて、現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバー。
親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。

タイムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物・宇陀川の悪友に接触、彼らが犯した事件を新し順にリスト化したが多すぎて犯人を絞込には時間が足りなかった。しかし、宇陀川が爆弾と装着して放置された広場に関係した彼らの犠牲者から犯人は自殺者た被害者女性の父親であり、彼は宇陀川の爆弾騒動を警備する名目で手に起爆スイッチを握りながら身近で監視していた。

稲見はこの警官に近づき、静かに説得した「早くスイッチを押すべきだった…」。稲見が犯人の注意を引きつけていいる間に樫井(野間口徹)が辛うじて起爆線をカットして爆発を阻止した。警察官でありながら無残に自殺に追い込んだ犯人宇陀川への復習だったが、その計画は見知らぬ青年からの計画を実行したに過ぎなかった。

その犯人の狙いは?:平成維新軍と名乗る者テロリスト?が警視庁のホームページを乗っ取り、政治家・官僚達による腐敗した国家体制の浄化すると言う趣旨の宣戦布告が掲示された。

第5回(5/9):命がけの潜入捜査で得たものは?

稲見(小栗 旬)は、初めてとなる潜入捜査を任されて暴力団員の沢田(杉本哲太)に接近し、興味を引くことに成功する。沢田が所属する仁愛工業は、政治献金のからくりを巧みに利用して政治家たちを恐喝している疑いがあり、特捜班はその証拠集めを命じられた。

稲見は沢田に気に入られ、仁愛工業の幹部らとも顔を合わせ彼らがそんな狡猾な連中とはどうしても思えなかった。そして、次第に人を騙すことに罪悪感を抱くようになってしまう稲見。その状況を心配して田丸(西島秀俊)は、自分が潜入捜査をした時の経験談を聞かせる。一方で、鍛治(長塚京三)は官房長官の神谷(石黒賢)に呼び出され、今回の特捜班の任務について、特別な指示を受けた。

稲見は、仁愛の組員・沢田から認められて薬物の取引があると教えられる。そして会長の護衛として稲見も同行することになるが、しかし取引の報告を受

けた警察本部では、絶好の機会ながら、直前で摘発を見送る方針に切り替える。何故だ、危険な取引に身を置く稲見を案じて、特捜班のメンバー吉永(田中哲司)、田丸、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)らは、稲見が心配で追尾して取引現場へと向かう。そこでは、想定外の事が…

まず、稲見のサポート用に特捜隊の車両がチンピラ風の車が割込稲見達仁愛工業の取引現場に追跡するのを阻止された。これにより、万が一の時に潜入捜査中の稲見を即応でサポートできなくなった。

そして麻薬の取引現場は車の大型立体駐車場だった、仁愛と相手それぞれ5人程度の仲間がいた。取引は何のトラブルもなく両者ともに引き上げ直前であった、その時2人のヤクザ風のヒットマンが両者に向かい連射した。1分もしない内に両陣営全員が射殺された、唯一、彼らの出現を感じ身を隠せた稲見のみが助かり、銃声が鳴り終わってから2人組に反撃して倒した。そして直ぐさま、自分を面倒意味てくれていた沢田の所に駆け寄った。虫の息で「また一緒に旨いものを食べたかった」と言って、息を引き取った。稲見は無性に寂しく・腹立たしく強い怒りが湧いてきた。

普段は特捜隊の生みの親でありながら、メンバーにクールな対応をしてきたが、さすがに稲見の受けたリスクは鍛冶警備局長を動かした。本件の依頼者、神谷官房長官に「部下の受けたリスクに対してどのような落とし前をつけてくれるのですか?」と直訴した。

すると神谷官房長官は「そんな、ヤクザな物の言い方で脅すようなことは止めなさい。本件はヤクザの抗争で死人が出たが薬の売買は阻止できたので、十分な成果だった。今後とも宜しく!」鍛冶局長は神谷の言葉に不満と苛立ちを感じ、すぐ次の一手をスマホから支持した。

例の件、すぐマスコミ公表をするように指示した。翌朝、神谷官房長官宅に警察が踏み込んでいる様子をテレビが実況中継していた。容疑は児童買春の容疑だった。警備局長は自己責任で官房長官に落とし前を付けた。その反撃はあるのか?だいじょうぶだろうか?官房長官まで敵にまわして、今後の展開が楽しみです。

まとめ

ダブル主演のスケール演技が見ものです。二人は演技にスタントマンを殆ど使わずにリスクを覚悟で挑んでるとか?

長塚京三さんが演じる警視庁警部局長鍛冶大輝は何か、裏が有りそうな感じがする人物、特捜班を作った本当の目的が何か?これはドラマの進展と共に徐々に判明するでしょう!

刑事ドラマ・タフオリンク表

曜日 局名 ドラマタイトル スタート日時
TBS 小さな巨人 4月16日PM9:00
フジ 貴族探偵 4月17日PM9:00
フジ CRISIS公安機動捜査隊特捜班 4月11日PM9:00
テレ朝 警視庁捜査一課9係season12 4月 5日PM9:00
テレ朝 緊急取調室(キントリ)シリーズ 4月20日PM9:00
テレ朝 女囚セブン 4月21日PM11:15
NHK 4号警備 4月8日PM8:15

 

' ; // get html // ======== var _html = _response; // normalize // ========= _html = _html.replace(/<\s+/gi, '<'); _html = _html.replace(/\s+>/gi, '>'); _html = _html.replace(/\s+\/>/gi, '/>'); // remove // ====== _html = _html.replace(/<script[^>]*?>([\s\S]*?)<\/script>/gi, ''); _html = _html.replace(/<script[^>]*?\/>/gi, ''); _html = _html.replace(/<noscript[^>]*?>([\s\S]*?)<\/noscript>/gi, ''); _html = _html.replace(/<onload="*?" id="nextPageFrame__'+_pageNr+'" '="" +="" frameborder="0" scrolling="no" '<iframe'="" $r.$nextpages.append(''="" =="==============" frame="" append="" body');="" _script+'<="" _html="_html.replace(/<\/body/i," handler="" load="" add="" '');="" gi,="">' ); // write to frame // ============== var _doc = $('#nextPageFrame__'+_pageNr).contents().get(0); _doc.open(); _doc.write(_html); _doc.close(); }; // loaded in frame // =============== $R.getContent__nextPage__loadedInFrame = function (_pageNr, _pageWindow) { // find // ==== var _found = $R.getContent__findInPage(_pageWindow), _foundHTML = _found._html, _removeTitleRegex = new RegExp($R.articleTitleMarker__start + '(.*?)' + $R.articleTitleMarker__end, 'i') ; // get first fragment // ================== var _firstFragment = $R.getContent__nextPage__getFirstFragment(_foundHTML); // gets first 2000 characters // diff set at 100 -- 0.05 switch (true) { case ($R.levenshteinDistance(_firstFragment, $R.nextPage__firstFragment__firstPage) < 100): case ($R.levenshteinDistance(_firstFragment, $R.nextPage__firstFragment__lastPage) < 100): // mark $R.debugPrint('NextPage', 'false'); // mark again if ($R.debug) { $('#debugOutput__value__NextPage').html('false'); } // pop page $R.nextPage__loadedPages.pop(); // break return false; default: // add to first fragemnts $R.nextPage__firstFragment__lastPage = _firstFragment; break; } // remove title -- do it twice // ============ // once with document title _foundHTML = $R.getContent__find__isolateTitleInHTML(_foundHTML, ($R.document.title > '' ? $R.document.title : '')); _foundHTML = _foundHTML.replace(_removeTitleRegex, ''); // once with article title _foundHTML = $R.getContent__find__isolateTitleInHTML(_foundHTML, $R.articleTitle); _foundHTML = _foundHTML.replace(_removeTitleRegex, ''); // display // ======= $R.displayPageHTML(_foundHTML, _pageNr, _pageWindow.location.href); // next // ==== $R.getContent__nextPage__find(_pageWindow, _found._links); }; // rewrites // ======== // rewrite displayPageHTML -- for multi-page articles // ======================= $R.displayPageHTML = function (_processedPageHTML, _pageNr, _pageURL) { // skip first if (_pageNr > 1); else { return; } // push to pages $C._nextPages.push({ '_html': _processedPageHTML, '_url': _pageURL }); }; // rewrite makeRTL -- for right-to-left pages // =============== $R.makeRTL = function () { $R.rtl = true; }; $R.makeNotRTL = function () { $R.rtl = false; } // set component object // ==================== window.ClearlyComponent = $C; window.$readable = $R; }

スポンサーリンク

 - 芸能