タフオ

Just another WordPress site

*

JKビジネスは援助交際への近道?被害を感じた時では遅い!一度外れると戻りずらい元の自分!

   

Pocket

2006年にJKビジネスの言葉が聞かれるようになった、あれから10年、その実態を検証してみた。そこには一度、脱線すると戻り難い純粋なる異性感覚、自分を律して前向きに、地道に努力する向上心がうしなわれやすいように思われます。なぜ、この種の問題は尽きず、むしろ増加傾向にあるのか?その内容を検証して、対処法を模索しました。

スポンサーリンク

JKビジネスの代表例

女性高校生と身近に見たり、会話したり、行動、触れたり出来る願望を強く持つ、
男性(30~60代)に相手を複数でもしくは単独でする。場所も店内外。

リフレ 添い寝やハグ、マッサージ等客に接触する
散 歩 店外でデート
見学・撮影・作業所 制服や水着、ゴスプレ姿で折り紙を折るなどの様子を見せたり、撮影させたりする
コミュ 客と同席して会話をしたり、一緒にゲームをしたりする
カフェ 設備を設けて客に飲食させる
撮影会 個室などで制服や水希姿を撮影
お手伝い 客の自宅で片付けや掃除

JK(女子校生)の魅力と重要性

なぜ、世の中高年男性は一部にしてもJKに魅力を感じ、そのようなサービスを高額な料金を払い求めるのでしょか?

まず、異性に目覚めのは普通、男性よりも女性の方が早いようです。

そして、個人差はありますが、広く一般的には高校生時代、早熟であれば中学時代もありえますが、目覚めの時です。

その目覚めた時が異性からすると全員ではなくも、大方の男性には非常に魅力的に見える・感じる傾向にあります。
言葉で表現すれば、「女の子から少女、そして女に目覚める時、汚れなき生娘の美」と言うような感覚です。

肉体的にも胸やおしりに明確な女性らしさが目立ち始める時期です。四季でいえば、早春、春の季節とその魅力です。

補足ですが、これは外面的魅力であり、人格的な内容は中高年とは釣り合いづらいと思えますが…

JKビジネスの帰結の怖さ

女子高校生が、割の良いアルバイト先程度に感じ参加するようです。

好きではないし、あまり感じよくない、おじさん達のながら1時間も付き合えば時給2千円~以上なのでとっても効率のいいバイトと考える。

でも、初回でなくいても、だんだん慣れて、サービスも過激になり触れたり、触ったり…、気づけば個室で…。こうして性交渉までいったしまったケースは珍しくありません。

異性との出会いはいづれあるでしょうが、金銭目的でまった愛情を感じていない人とゆきづりに関係をもってしまうのは、真に残念と思う。

異性関係が多くなると向上心、純愛、純粋性、素直、純朴等が失われ、虚無感、失望感、挫折感に支配される傾向が高いと言われます。

スポンサーリンク

まとめ(対策)

何事も始めの印象は強く、大きいものです。異性関係は多くなればそれだけマネンリカします。次の人、次の人こそと回数を重ねても期待はずれが殆どのようです。それをある人が例えて、バンソコ類は初回が一番よく、吸着する、その後は徐々に吸着力は落ちる。吸着力は愛情とすれば、なるほど。

人は愛情によって右に行ったり左に行ったりします。少なくても、誰でも愛情に惹きつけられます。老いも若きも、その表現が素直で抑えがたい人達がJKと思うのです。理屈を超えて愛には抑えがたい反応をされます。

愛にも大別すると自己中心的な愛(奪う愛)と相手の為を思う愛(与える愛)があります。JKビジネスで出会ういスタッフ男性や客の殆どは(奪う愛)で接してくる、それに対して通常の親は(与える愛)で接してくる。

普通ならばどちらが女子高校生自信の為になり選ぶべきかは一目瞭然ながら、青春時代、花の開花時期は成長が著しく愛情の種別が解りづらい時です。 親もしくは親に値する人から受けた愛情によって愛され方によって愛し方も大きく異なります。愛されたように愛する!愛情表現は学んだように現れます。 DVを受けた子はDVをする立場に成りやすい。 親から健全な愛情を十分に受ければJKビジネスには走らないと思うのです。  

 

スポンサーリンク

 - 事故・事件