タフオ

Just another WordPress site

*

松戸市中学校1年女子生徒(13)が10日自殺!「いじめっ子に仕返しをしたい」のメモ残して?

   

Pocket

千葉県松戸市教育委員会は23日、市立中学校1年の女子生徒(13)が10日に自殺し、自宅から「いじめっ子に仕返しをしたい」と書かれたノートなどが見つかったと発表した。

学校側は、女子生徒がいじめに遭っていたという情報は確認できていないとしており、市教委はいじめの有無を慎重に調査する。学校側はいじめを見つけられなかったが、あった可能性が高い? あったならば、誰が?どのうようにして?等を実証しなければならない!加害者の特定が必要になります。

スポンサーリンク

3学期の始業式だった10日午前、起床後に母親は自宅に娘がいないことに気づき自宅周辺を探していたら、女子生徒は、自宅近くの団地の敷地内で死亡しているのが見つかった。県警の調べでは、飛び降り自殺とみられる。女子生徒宅からはノートのほか、以前にも自殺を図ったとの内容のメモ書きなどが見つかった。

同校が全校生徒を対象に毎月実施しているいじめに関するアンケートでは、この女子生徒がいじめに遭っていたとの情報はなかったという。23日の記者会見で、伊藤純一教育長は「いじめの有無を含め、この生徒に何があったのかを調査したい」と述べた。

スポンサーリンク

まとめ

いじめにあっている子供は、学校のアンケートに記入出来ないほどに、いじめより意識が萎縮、絶望感で無気力状態になっていて、解決意欲に乏しかったと推察される。その意味でいじめられている子供が自主的に告白してくることはいじめている子供が名のる程に困難であることを先生と親は自覚すべきです。

どのようにしたならば、いじめを発見、改善できるかを、全国のどの各学校において考えるべきです。残念ながら、いじめはあるものだと考えないと見つけ出せない、陰湿でカモフラージされている場合が、発見後においては公表されています。あるものだという先入観が必要なのでは? 

スポンサーリンク

 - 事故・事件