タフオ

Just another WordPress site

*

SMAP解散真相最新2017!ジャニーさん親心「永遠にバックアップ」で兄弟喧嘩止められる?

   

Pocket

ジャニーさんが8か月ぶりにSMAPに対する親心として「永遠にバックアップ」を表明した。SMAPの所属事務所オーナーは芸能界では「泣く子も黙る」と言われるほど。

大きな力・権威がある各テレビプロデューサーでもジャニーさんには一目も二目も置いていいる、何故なら彼の意向に反すればSMAPはもちろん、所属の俳優・女優達が要請しても来なくなるからだ。それが2流・3流なら問題ないが彼の事務所には1流どころ、今人気にある逸材が揃っている、特にグループ系はダントツ。SMAPだけでも年間200億円を稼いでた?

飯島女史がジャニーズ事務所に在籍時の組織図と昨年SMAP解散騒動中の人間関係例

でも今回の解散ではそのジャニーさん反逆したのはSMAP自身、逆らった子供達に親は弱い者、親指と小指が触れるまで近づける時、圧倒的に親指が小指に近づいて接点うまれる如く、です。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)が13日、都内で約8か月ぶりに取材に応じ、昨年末で解散したSMAPについて激白した。

“生みの親”として自ら説得も5人は解散。木村拓哉(44)以外の4人の独立、移籍話が今も取り沙汰される中、「みんな、それぞれの気持ちがある」と本人たちの意思を尊重しつつ、「だけど、みんな出て行くことを前提に話はしていないと思いますよ。そんな“やぼっちい”人間じゃない」と残留へ期待をにじませた。

昨年1月13日に中居正広(44)ら4人が事務所から独立、木村が残留という対立構造が明るみに出てからちょうど1年。解散という結末に、ジャニー社長は「悲しい」とする一方、今後について「僕は絶対、永遠に後押し、バックアップ、応援をしていくつもり」と力を込めた。

解散・分裂騒動にあった昨年5月に取材に応じた際には「僕に相談なしで、とかくするはず絶対ない」と解散回避もほのめかしていた。その後、同8月に解散発表に至るまで5人そろって2度、個人面談も2度行ったが、説得は実らなかった。「僕なんかが。老人の口で何を言ったって。彼たちは、やっぱり素晴らしい世界を(築いていく)。解散しても充実してますからね」。力及ばなかった悔しさもにじませながら、今後に目を向けた。

親子問題がこじれてた例は残念ながら世の中では特別ではありません、例えば大塚家具の会長(父親)と社長(娘)の経営戦略の争いは有名です。まして失礼ながらジャニーさんはSMAP5人の実親ではありません。そして養育的立場を頼んでいたうば役の飯島三智チーフプロデューサーの反逆です。

キムタクは飯島女史の誘いより妻・工藤静香のアドバイスもあって事務所に対する恩義を重視してジャニー事務所残留を決めた。しかし香取は飯島女史を最も育て親として信頼してその意向に沿って行動、他の3人も同調傾向で1(木村)対4(香取・草彅・稲垣・中居)の分断してしまった。

ジャニーさんが語った特に赤字の部分は明確に今となっては事実と違う。
『みんな出て行くことを前提に話はしていないと思いますよ。そんな“やぼっちい”人間じゃない』・『僕に相談なしで、とかくするはず絶対ない』

親が自分に対する反発もさることながら、兄弟同士が仲違いすることも心いたむことです。ここでも例を上げれば古い話ですが源頼朝(兄)が義経(弟)を政敵として殺害した悲劇です。

ジャニーさんが親心として提案すべきポイントは、現状を踏まえれば皆40才前後、独立した男性として家庭を持ち人として4人は家庭がなく親心もより広い器も現成では限界です。

何よりも、親として我が子を思うなら『人気が落ちるから結婚はさせない?』などと思っていることは考えられません。確かに多少落ちるかもしれません。しかしもしもの提案で恐縮ですが5人全員が30才過ぎたらジャニーさんの采配で結婚していたらSMAP解散になったとしても、仲良く互いに励ましてエールを送り再スタートの道を選んだでしょう。

スポンサーリンク

◎まとめ

5人の人生は想定ですが皆80才まで生きる前提で思えば、人生は半ば、折り返し点に至った所です。まだまだこれからです。序盤、中盤良くても終盤が悪くては残念ですし、逆に序盤・中盤が多少問題があっても終盤がおければOKと思います。

その意味で今後のSMAP解散後の各人の活躍を期待します。ジャニーズ事務所も今回の件で得た教訓からどう変わるのか興味があります。本件より思うこと、『一度でけの人生、失敗を恐れず前向きに互いに頑張りましょう』。 

スポンサーリンク

 - 芸能