タフオ

Just another WordPress site

*

大阪市・くれない保育所前副園長3・7億円も流用・刑事告訴へ!何に使った・なぜそんなことに?

   

Pocket

「くれない保育所(大阪市城東区)」の前副園長の男性(54)は、平成27年度までの14年間に運営資金3億7千万円を先物取引などに流用していたことが20日、分かった。保育所を運営する社会福祉法人「くれない学園」(同区)が発表した。法人は前副園長を懲戒解雇し、業務上横領か背任の罪で刑事告訴する方針です。なぜ前理事長は大金3.7億円もの大金を横領できてしまったのでしょうか? 検証しました。

スポンサーリンク

同法人によると、26年10月、大阪市の指導監査で、法人の口座から前副園長の個人口座に不自然な資金の移動があると指摘を受けた。その後、前副園長が法人の資金で先物取引を行い、多額の損失を出したことを認めたという。

多額の金額とは3億7千万で流用期間14年間で使ったとすれば毎年2,643万円です。高額でなかればマイホーム住宅を毎年14年間買い続けられる額です。一般庶民が多少贅沢をして使い切れる額ではありません。

株の先物取引となると一日でも1億円を設けることも損をすること出来ます。恐らく儲かった事も多少はあったのでしょう。だからこそ14年間も続いてと思われます。

損失が出ても今度こそはと言いながら取引を継続してしまし、負債が累積したものと思います。確かに儲かればそのお金で、穴埋めしてしまうえば謝金はごまかせる、流用した金額も埋めれば問題なしと思ったのでしょう。

今年9月、法人が弁護士らでつくる第三者委員会に調査を依頼。その結果、損失額は14~27年度の14年間で計3億7千万円に上ることが分かったが、これまでに5500万円しか返済されていないという。

問題発覚後の今年8月、法人の全役員が引責辞任し、市などが推薦した福祉経験者らが新役員に就任。前副園長は、園長を務める法人の前理事長(81)の息子といい、法人は今月開いた理事会で、前副園長と前理事長に資金の返還を求めるとともに、前副園長の刑事告訴を決めた。

何故、前理事長は流用を14年間もごまかし・続けられたのでしょうか?財務担当で裏工作の悪知恵を本やネットで調べ学んだのかもしれません。でもなによりも、彼の血筋、家門があったから犯罪を長期間隠せたし、逆に犯罪を思いつきやってしまったと思えます。

前副園長の父親は前理事長の息子とは例えれば前オーナー社長のドラ息子は近い将来園長になる副園長なので、普段から横柄な態度と独善的に考え方、でも誰も文句を言えない。これは想像ですがこうしたような土壌があって無謀な先物取引に公金とも言えるお金を投入したしまったと思われます。

くれない保育所は昭和28年に開設され、定員は230人。

スポンサーリンク

まとめ

くれない保育は63才、戦後8年に誕生しました。園児の為にと頑張ってこられて事と思います。前副園長も毎日、1回できるだけ朝一に通ってきている園児たちを見て、一日をスタートしていれば、先物で蓄財を考えて狂ってしまわなかったと思います。

いわゆる現場主義です。そこに自分の生きる道、生きがいを見出す。それが無理なら、その職場・立場はあってない、ふさわしくないので変更すべきです。 くれにい保育所の再出発をお祈り致します。前副園長の名前は? 名前に込められた自分の目標を持っての再出発されますことを祈ります。 

スポンサーリンク

 - 事故・事件