タフオ

Just another WordPress site

*

ASKAを逮捕したが嫌疑不十分で釈放!なぜ茶を採尿カップに?今後どうするASKAと警察?

      2016/12/20

Pocket

スポンサーリンク

覚醒剤を使用したとして、先月11月28日、警視庁に逮捕された歌手のASKAさんについて、東京地検は19日午後、嫌疑不十分で不起訴処分とし、釈放しました。これは逮捕時に殆どの覚せい剤専門のコメンテイター達は100%彼は黒と言っていたように思います。真実はいかに?


ASKAさん(58)は、先月中旬から25日までの間に東京都内などで覚醒剤を使用した覚せい剤取締法違反の疑いで先月逮捕されました。

逮捕前のASKAさんの尿検査では覚醒剤の陽性反応が出たということですが、警視庁によりますと、ASKAさんは「自分の尿の代わりにお茶を入れた」と話していて、東京地検は、鑑定した液体がASKAさんの尿なのか立証するのは困難として、嫌疑不十分で不起訴処分にしたと発表しました。

ASKAさんはなぜ相手(警察)を混乱させる為に自分の尿の代わりにお茶を入れたのでしょうか?2つの動機が考えられます。1つは警察を困らせるため。もう一つは自分の尿を出したくなかった。何故なら陽性反応が出ると思ったから?自分の薬物使用をごまかすため!

もし彼が自分の尿を提出して問題なかれば、最善の行動で終わった話なのに…、ASKAさんに聞きたいです。何故、検査にお茶を使ったのですか?本当ですか?

警視庁によりますと、先月25日、ASKAさんに尿の任意の提出を求めた際、警察官が立ち会い、トイレの背後に立って採尿の様子を確認したものの、本人の手元までは確認できなかったということです。

採尿に立ち会った警察官は覚せい剤取締専門班のメンバーと思います、たまたまにしていも見過ごしてはならない問題、きついですがプロ失格です。警察の維新が地に落とされた事になりました。その人物は上司のみならず警察全体から相当なバッシングを受け、本人は絶えきれず退職してしまうかもしれません。

警視庁は、ASKAさんの逮捕について「本人の申し出で自宅に行って尿を出してくれと言ったのは紛れもない事実で、違法逮捕とは考えていない」としています。

警察は半年位は彼をマークし続けて、今回の汚点を晴らすために最善を尽くすと思います。つまりASKAに対する覚せい剤問題は終わっていない。少なくても警察サイドとしては。

まとめ

ASKAさんの明日からの行動が注目されます。くれぐれも家族・特に奥様と仲良く家族と共に平穏にお暮らし下さい。一方で間違いなく多くのマスコミが追いかけて煩わしく、まためざわりだし、自分が信用されてないと思うと腹が立つことも有ると思いますが、耐えて下さい。

くれぐれも入手しないで下さい。その道の人達とコンタクトしないで下さい。多くの信じているファンがいあることを忘れないで下さい。 

スポンサーリンク

 - 事故・事件, 芸能