タフオ

Just another WordPress site

*

偽警官が職務質問装い、今春、福岡市博多区の路上で金塊6億円奪ったのは組織犯?なぜ今発表?

   

Pocket

スポンサーリンク

今春、福岡市博多区の路上で偽警官が金塊6億円奪った。警察当局はこれまでの情報を総合的に検討した結果 犯人は暴力団の様な組織的犯行の可能性が高いと認識しています。そもそも、なぜ本件は発生時に発表されなかったのでしょうか?またなぜ今、公表したのでしょうか?疑問多き案件です。

スポンサーリンク

福岡市博多区の路上で今春、約6億円相当の金塊(約120キロ)が盗まれる事件が発生していたことが13日(火)、捜査関係者への取材で分かった。

犯人グループは警察官風の衣服を着用し、職務質問を装う手口で金塊を盗んでいったという。県警はこの衣服をすでに押収。用意周到な手口から暴力団などの組織が関わっている可能性が高く、福岡県警は組織的な巨額窃盗事件として捜査を進めている。

捜査関係者によると、複数の男性が同区内の貴金属販売店に金塊を売却するためJR博多駅の筑紫口周辺の路上を運搬中、背後から警察官風の衣服を着た複数の男に「警察だ」と声を掛けられた。

【私見】
複数の男性が合計120kgの金塊を売却目的で移動中に起こった事件とは重さも例えば20kg(500万円/kg)の小分けされたアタッシュケース6個、台車2台に3ケースづつ載せて最低4人程で運搬していたと思われます。

そもそも奪われた金塊6億円のオーナーは大手金融機関がプロの民間護衛会社に守られていて発生したことではないので事件として発表されなかったと思われます。つまり、裏社会の団体が持ち前に金塊を換金するために組の若い者にその移動等を任せたことにより発生いしたので、事件の発表を抑えられたと思うのです。

男らは金塊が入ったアタッシェケースを渡すよう要求。ケースを調べるふりをして男性らが目を離したすきに、車に乗って逃走したという。男性らが県警に通報し、事件が発覚した。

盗まれた金塊について、男性らは「被害に遭う前日に、転売目的で買い取った」などと話しているという。犯行グループが当時着用していた衣服は県外で見つかり、県警がすでに押収している。

犯行グループが、男性らが金塊を売りに行くタイミングを把握していた可能性が高いことから、県警は背後に暴力団などの組織が介在しているとみて事件の全容解明を目指している。

近年、金は取引価格が高騰。社団法人「日本金地金流通協会」によると、2005年は1グラム約1700円だったが、15年は同約4925円で約2・9倍に値上がりしている。

スポンサーリンク

まとめ(本件を報道統制されているのか、マスコミが大々的に取り上げない理由は?)
被害者の男性達は(6億円の価値がある)120kgの金塊を仕入れて転売できる人達、今春?4月として8ヶ月間公表しなかった理由は不明ながら一般個人・会社の場合、あり得ないことです。警察が知り得た事は誘拐事件等以外はマスコミが知り、必ず公になります。

被害者も裏組織の可能性が大です。奪ったのも同業のライバルと思われます。なぜこの時期に公表したのでしょうか?
①事件情報が漏れて仕方なく公表去れてしまった場合と、②公表して解決を急ぎたい、現状では解決の糸口が見つかってないので。  

 - 事故・事件