タフオ

Just another WordPress site

*

しくじり先生、多岐川華子は多岐川裕美の娘、親の顔に泥を塗ったのは仕方ない!親の育て方次第?

   

Pocket

しくじり先生、大女優・多岐川裕美さんの娘さんです。小さい時から超リッチに育ちました。好きなものを好きなだけ与えられる幼少期からやがて母に反対されても15才で芸能界デビューしました。チヤホヤされたいからという動機からだったのでその後10年はしくじり続きの人生でした。その中身は…その後の人生は…

スポンサーリンク

多岐川華子(28才)さんは何度も言った「自分のしくじりで、親の顔に泥を塗ってしまった。申し訳ない。」、私は別な意見です。「子供は親の育て方次第、子供の不足は親が子供の育て方を失敗したからだと殆どの親は悔やんでいる。」

女優で多忙な母親多岐川裕美(65才)さんは数ヶ月間、子供に合えな事も度々あったので、あった時は溺愛して何でも言われたものは与え、何の不自由ないように取り計らってしまう。いわゆる、我知らず甘やかしの教育をしてしまう

例えば習い事はピアノ・バレイ・水泳・クラリネット等手がけるも長続きしなかった。

その結果は15才で母親の反対を押し切って入った芸能界で、実力の無さ、人間としての足りなさを思い知る。親のコネで何とかプロダクションに入り芸能人としてスタートすると直ぐにCMが入り、1年後には映画の主役も得られて、芸能界は楽勝と思ってしまった。

彼女は大きな自宅で育ったせいである時、仕事でビジネスホテルの一室に入ってしばらくしたら自宅と違い余りにも狭い部屋なので圧迫感から呼吸困難になったり、飛行機では初めてエコノミークラスに座り、やはり狭いことを口にしたら会社に人に睨まれました。

デビューから5年した時、今から8年前ですが仁科克基(34才)氏当時26才と結婚しました。彼から熱烈に求婚さ、初めは意識はなかったのにいつしか零愛感情が芽生え、結婚に同意しました。

母親は相手も2世芸能人、うまくいいくはずがないと反対しました、どうしてもと娘が望むのでやむなく同意して盛大なる結婚式をしました。

結婚1年後には恋愛感情は消えて離婚相談が始まり、結局1年と8月で世間の噂通りスピード離婚しました。この離婚は二人だけの問題ではないことをあとでしっかりと知ることになりました。離婚によってまた母親かの名前が報道されあるおとないことを書かれ親に迷惑を欠けました。

離婚後は入ってくる仕事が殆どので離婚に関してのお仕事を断っていたら仕事がなくなりました。その後は過食症で10kgプラスになり芸能界が嫌になり去年の夏頃、芸能界を去る決意をして母親に相談しました。

そしたら意外な返事が来ました「芸能界でやっと10年が経ち人並みに慣れたのだからここで辞めてどうするの、続けなさい。」

今、週5日間コンビニとか、いりいろな所でアルバイトして世間を知る様に努力しています。そして知りました。「輝いている人は皆、努力している」

スポンサーリンク

まとめ
多岐川華子(28才)さんは何度も言いました「自分のしくじりで、親の顔に泥を塗ってしまった。申し訳ない。」、子供は親の育て方次第で全く異なります。甘えた育ったこともが、親の顔に泥を塗ってしまうのはあるめん、しかたないことです。

ゲストの高橋英樹さんは子供達が小学生時代から「自分のしくじりで、親の顔に泥を塗ってしまった。申し訳ない。」ので頑張ると子供が言っていたそうです。親がしっかり子供を育てていれば芸能人の親からでもしっかりした子供は育ちます。  

 

 

 

多岐川裕美(たきがわ ゆみ)
出身地:東京都
1951年2月16日生まれ
血液型:O型
身長:162cm

スポンサーリンク

 - 芸能