タフオ

Just another WordPress site

*

交通取り締まりの警察対応「はなはだ不誠実」故大阪高裁が裁判打ち切るとは英断?

   

Pocket

スポンサーリンク

信号無視でパトカーに摘発されたのに、反則切符の受け取りを拒んだとして、道交法違反罪に問われた不動産業の男性(60)=大阪府枚方市=の控訴審判決公判が6日、大阪高裁で開かれた。


福崎伸一郎裁判長は「男性が切符を受け取らなかったのは警察官の不誠実な対応が一因。そのことを棚に上げ、刑事処分としたのは男性に対して酷であり、信義に反し無効だ」として、罰金9千円とした1審枚方簡裁の略式命令を破棄、裁判を打ち切る公訴棄却を言い渡した。

控訴審判決によると、男性は昨年7月、大阪府枚方市内で車を運転中、赤信号を無視したとして、大阪府警のパトカーに停止を求められた。男性は「黄色信号だった」と主張。パトカーの車載カメラ映像を確認したいと要求したが、受け入れられず、反則切符の受け取りを拒否したため逮捕、起訴されていた。

判決理由で福崎裁判長は、検察官からカメラ映像を見せられた男性が一転、赤信号だったと認識を改め反則切符の受領を希望した点を重視。当初から映像を示していれば反則金の納付で済んだのに、警察官が「そんなものはない」と拒んでいたとして「その対応ははなはだ不誠実というほかない」と批判した。

大阪高検の北川健太郎次席検事の話「判決内容を精査し適切に対応する」

スポンサーリンク

まとめ
★福崎伸一郎裁判長の判断:公訴棄却に賛成です。もしこれに不満でかつ上告を大阪高検の北川健太郎次席堅持が判断すれば、検察側は本件を更に多くの人々に宣伝して庶民の反感を増大するだけと思うからです。

訴える側、その立場上、自分の間違いを一つも認めたくない。一つでも認めれば、訴える立場が維持できない、守りの姿勢が出来上がっているのが崩壊するのは1つで十分だからです。人は間違いを興し得る、警察官も含めて。

警察官は因果な職業です。いわゆる、悪い人にも法的には裁判で決着するまで平等に対処しないといけない。こんなやつんの要求:証拠の信号機赤色侵入を見せたくなかった。手間もかかることながら、感情的に(赤信号を無視)をした交通違反者の要求なんか受け入れたくないと思われたと視察しました。  

スポンサーリンク

 - 事故・事件