タフオ

Just another WordPress site

*

トランプ氏がアメリカ大統領になったらどうなる?日本と世界はどうなるの?

   

Pocket

スーパーチューズデーを勝利したの共和党はトランプ、
民主党はクリントになのでアメリカ大統領予備選候補者は絞られてきた。
特に話題のトランプアメリカ大統領が誕生したらどうなるかを検証したい

スポンサーリンク

今、共和党予備選最大勝利者トランプ氏が
アメリカ大統領になったら

トランプ氏の暴言例:
①「イスラム教徒の米国入国を禁止すべき」と発言
⇒ローマ法王から「他国民・他民族を排斥するのはクリスチャンに非ず」
と忠告される
⇒上記忠告に対して「バチカンがISに襲撃されれば私の主張の正当性が解る」
と反論、
今までに法王に反論した政治家は少なく、また反論すれば
下がるものだ。つまり米国大統領よりも法王の方が権威が上で 法王に
否定されれば大統領候補の勢いは通常、失速してしまう。
ところが、彼の勢いは変わらずに強い

②「メキシコ人はレイプ犯、麻薬の売人」と発言
⇒その対策として「メキシコ国境に万里の長城を作り、
その費用をメキシコに払わせる」とまで言った。
⇒近隣諸国に喧嘩を売るような言動に外交力の限界を感じる。

③アジア「日本・韓国・中国」により米国は莫大な経済的被害者と主張。
⇒彼曰く、米国が受けている貿易面での巨額損失を補う為に関税率の引き上げ
⇒更に米国の日本と韓国への防衛力支援の為の巨費は改善が必要と主張。
⇒同盟国間の信頼関係破壊や安保情勢の不見識もはなはだしい。

スポンサーリンク

まとめ:

今回は3点だけに絞ってもトランプ米国大統領誕生危惧を感じる
イスラム教徒排斥、メキシコ国境封鎖、アジア同盟国に対する不見識

今までならば
アメリカ国民からも非難されて、到底二大政党代表候補に
成れそうもない人物ながらも注目され続けるのは

彼のアメリカ国民指示層は白人の若者で貧しく社会と世界に不満を
募らせている人々。

彼らはアメリカ孤立(一国)主義、排他的、独善的なので
トランプ氏の支持者は彼が最善の代弁者、「よくぞ言ってくれた」と思っている。

どこの国にも類似する人々がいるが問題はその比率、現在のアメリカはそれが高い。
よってスーパーチューズデーでもトランプ氏が共和党では圧勝した。
共和党でも良識派はトランプ旋風に困惑して、対抗馬を再度検討中。
既に共和党予備選勝利者筆頭はトランプ氏で定着しつつある。

よほどの事が無い限り、現在共和党では彼の対抗馬はいない。
本戦でアメリカ国民全体でも彼の支持者がクリントン氏以上ならば
彼が第46代アメリカ大統領になる。

そしてその代価はアメリカはもちろんだが世界も支払ことになる
日本も例外ではない、彼が現在の主張通りに行動したならば、
日米安保の抜本的見直しから防衛費増大、TPP不成立、
日米貿易摩擦再燃、世界秩序の混乱、etc

そこで皮肉にも、上記の混乱はアメリカの重要性と
使命を再認識させられるのでは・・・  完

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 政治