タフオ

Just another WordPress site

*

オードリーヘップバーンはスパイだった?なぜそんな危険なことを?

   

Pocket

オードリーヘップバーンは既に他界して23年がたちますが絶世の美女で映画「ローマの休日」でおちゃめな王女役を勤めその貴賓と美しさは後世の今もなを語り伝えられています。

スポンサーリンク

数年毎に彼女の主演映画は上映されますし、イタリア・ローマの海外旅行された人は必ずと言っていいほどいくつかの名所で「ローマの休日」の話題が聞かれると思います。【下記の写真は王妃姿です】%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%b32

生まれつきの王妃という雰囲気・容姿の彼女がスパイ?いつ頃?
女優では目立ちすぎて無理でしょう?大ヒット映画に出て諜報活動は?
まずは彼女とは?

オードリー・ヘプバーンのプロフィール
生年月日:1929年5月4日 – 1993年1月20日
スイスの自宅で虫垂癌のために63歳で死去。
彼女の生まれた同年10月24日は『暗黒の木曜日』(ニューヨーク株急落、世界恐慌へそれが第二次大戦の遠因)

父親がイギリス人だったので国籍はイギリス人で、母親はオランダ人なので幼少時は両国で育ちました。
ヘプバーンはブリュッセルのイクセルで生まれ、幼少期をベルギー、イングランドで過ごした。

問題は第二次世界大戦中にはナチス・ドイツが占領していたオランダのアルンヘムに住んでいたことです。
アルンヘムは連合国が争奪戦を繰り広げた軍事上の重要基地、 そのためナチス・ドイツへの抵抗運動も激しいところです。

少女だったオードリーヘップバーンは何をしたのか?
なんとレジスタンス軍に協力、 伝言や情報を伝えるメッセンジャーとしての役割を果たしていたのです。

たとえ少女でも見つかったら当然処刑、ナチス・ドイツの反逆者への対応は後世に残るようなものです。
彼らの歴史的汚点:ユダヤ人排斥、民族浄化運動で600万人の子供からお年寄りまで例外なく収容所でシャワー浴びてから収容すると嘘言って毒ガス処刑しました。

だから今でもヒットラーに類似することは法律で禁止:例としてヒットーを真似た敬礼、ヒットラーが率いたナチス党の服装、
先日もアイドル欅坂46がハロイン様に仮装したものがナチス党の類似品として訴えられ西欧圏から避難の嵐、先の大戦の影響。
keyakizaka46オードリーはこの少女時代にストレスと貧困・粗食で体質が太れなくなり、一生スマートな体型を維持できたそうです。また数々の映画に出演しましたが「アンネの日記」の主人公役だけは辞退したそうです。同様の実体験がトラウマとしてあり遠慮したと思われます。

女優への道
5
歳ごろからバレエを初め、アムステルダムではソニア・ガスケルのもとでバレエを習い、1948年にはマリー・ランバートにバレエを学ぶためにロンドンへと渡って、ウエスト・エンドで舞台に立った経験がある。

イギリスで数本の映画に出演した後に、1951年22才のブロードウェイ舞台作品『ジジ』(en:Gigi (1951 play)) で主役を演じ、●1953年24才には『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を獲得した。

その後も『麗しのサブリナ』(1954年25才)、『尼僧物語』(1959年30才)、
『ティファニーで朝食を』(1961年32才)、『シャレード』(1963年34才)、『マイ・フェア・レディ』(1964年35才)、『暗くなるまで待って』(1967年38才)などの人気作、話題作に出演している。

女優としてのヘプバーンは、映画作品ではアカデミー賞のほかに、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、舞台作品では1954年のブロードウェイ舞台作品である『オンディーヌ』(en:Ondine (play)) でトニー賞を受賞している。
さらにヘプバーンは死後にグラミー賞とエミー賞も受賞しており、アカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の受賞経験を持つ数少ない人物の一人となっている。

ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、映画界ならびにファッション界のアイコンとして知られる。
アメリカン・フィルム・インスティチュート (AFI) の「最も偉大な女優50選」では第3位にランクイン
インターナショナル・ベスト・ドレッサーにも殿堂入りしている。

人生の後半はユニセフ活動に専念
女優業は年齢と共に減っていき、後半生のほとんどを国際連合児童基金(ユニセフ)での仕事に捧げた。
ヘプバーンがユニセフへの貢献を始めたのは1954年からで、1988年から1992年にはアフリカ、南米、アジアの恵まれない人々への援助活動に献身している。
1992年終わりには、ユニセフ親善大使としての活動に対してアメリカ合衆国における文民への最高勲章である大統領自由勲章を授与された。この大統領自由勲章受勲一カ月後の1993年に、ヘプバーンは他界。

スポンサーリンク

まとめ
『三つ子の魂、百までも』幼少時期の体験から知らぬ間にスパイ活動、女優の道で大成した後はユニセフ活動で恵まれない人・戦火で苦しんでいる人を助けたいと言うひたむきな気持ちを生涯貫いた人がオードーリーペップバーさんの人生でした。 完

スポンサーリンク

 - 世界平和, 政治