タフオ

Just another WordPress site

*

元Jリーガー含むブラジル1部クラブ搭乗機の墜落事故、76人死亡!生存者5人はだれ?

   

Pocket

「ブラジル1部クラブ搭乗機の墜落事故、コロンビア警察が76人死亡」、事故原因は管制塔へ「電気系統の故障が発生」による可能性。南米コロンビアの報道などによると、28日午後10時(日本時間29日正午)ごろ、同国北西部メデジンの空港から約50キロ離れた山岳地帯で、着陸態勢に入っていたチャーター便の航空機が墜落した。5人生存者は現在の所、名前はまだ不明。

同機には乗客72人、乗務員9人が搭乗しており、乗客にはブラジルのプロサッカーリーグ1部「シャペコエンセ」の選手と首脳陣ら48人が含まれていた。他に21人の同行記者もいた。AFP通信などによると、少なくとも選手1人を含む5人が生存していた。

墜落した航空機はボリビアのラミア航空2933便。28日、ボリビアのサンタクルスダセハを離陸し、メデジンへ向かっていた。事故直前に操縦士から管制塔へ、電気系統の故障が発生したとの報告があった。

スポンサーリンク


シャペコエンセ」チームはメデジンで30日に南米クラブ選手権の決勝に出場する予定だったが、事故を受けて試合は延期された。

元Jリーガーのケンペス、クレーベル、元神戸監督のカイオ・ジュニオール氏も搭乗か?

ブラジル1部クラブ搭乗機の墜落事故、コロンビア警察が76人死亡と発表か 英紙報じる

ブラジル1部シャペコエンセの選手、スタッフ、幹部らを乗せた旅客機が、現地時間29日にコロンビアで墜落した。

捜索が難航し情報も錯綜しているが、地元警察によると、乗員乗客81人のうち生存者5人、残り76人が犠牲になったと、英紙「ガーディアン」が報じている。

生存者5人

飛行機は9人の乗組員と72人の乗客が搭乗していたが、コロンビア東部のアンティオキア県付近で消息を絶った。この旅客機には燃料系のトラブルがあったとも報じられている。

チームはアトレチコ・ナシオナル(コロンビア)とのコパ・スダメリカーナ決勝第1戦への移動のために搭乗していた。

2012年から14年にかけてJリーグのC大阪や千葉でプレーしたFWケンペス、
05年に柏に所属経験のあるMFクレーベル・サンタナら元Jリーガーの名前も記載されているという。
チームを指揮しているのは、元ヴィッセル神戸監督のカイオ・ジュニオール氏だ。

同紙はこの状況をタイムライン形式で速報している。現地は激しい雨が降りしきっており捜索が難航していること、複数人が生存していることを逐一伝えていたが、コロンビア警察が76人の死亡を発表したと報じている。

スポンサーリンク

まとめ
事故。とりわけ飛行機事故は多くに命を一瞬にして奪う、それは有名・無名に関係なく。今回は日本でもプレイした事のあるサッカー選手を含むことで、より一層の深い同情と悲しさを感じます。心からご冥福をお祈り致します。また事故原因の究明が急がれます。  

スポンサーリンク

 - スポーツ, 事故・事件