タフオ

Just another WordPress site

*

ASKA元被告を逮捕!覚醒剤の幻覚で自ら通報・最新情報、本人「事実に反する」?

      2016/11/29

Pocket

警視庁は28日、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)自宅の東京都目黒区東が丘1丁目で覚醒剤取締法違反(使用)の疑いより逮捕した。ASKA容疑は逮捕容疑は「事実に反します」を否認しているという。同容疑者は同法違反(使用)などの罪で2014年9月に懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受け、執行猶予期間中だった。

スポンサーリンク


組織犯罪対策5課によると、ASKA容疑者の逮捕容疑は11月中旬から同月25日の間、都内などで覚醒剤を使用したというもの。ASKA容疑者から25日午後7時ごろ、「盗撮されているので確認してほしい」と自宅から110番通報があり警察官が駆けつけたが、言動が不明瞭だったため任意で尿検査を実施。鑑定で28日に覚醒剤の陽性反応が確認されたという。

ASKA容疑者のブログは28日午後、覚醒剤の使用容疑で逮捕されるとの報道が出た直後から断続的に更新され、「覚醒剤反応は出るわけがない」「間違いです」などと使用を否定する内容が書き込まれた。

被告はどのように再度覚せい剤を入手したのか?そのルートは? 根絶の難しさを知る。
今回のきっかけは、今月25日午後6時ごろ、歌手のASKAこと宮崎重明元被告が東京・目黒区の自宅から「盗聴とか盗撮されている。間違いないから警察官が来てくれ」とASKA元被告本人から110番通報がありました。

警察官が自宅に駆け付けると、ASKA元被告がろれつの回らない状態だったため尿検査を行ったところ、陽性反応が出たということです。

スポンサーリンク

まとめ
覚醒剤の『盗聴・盗撮されている』幻覚症状で自ら警察に電話して助けを求めてしまった。なんと皮肉なことか?覚せい剤から自力だけ抜け出せないと、よく言われます。今回も身近に彼をサポートしている人がいなかったようですが?

誰が彼に覚せい剤を渡したのか?調べれば時間の問題だと思う? 受けたASKA被告、渡した人、インターネットで、あまりにも浅はかです。まだ、今日のブログからはまだ自分は無実と主張、彼は自宅でニュースを見ながらブログ更新して覚せい剤をやっていた! そして遂に予想通り逮捕はされました。  

スポンサーリンク

 - 事故・事件, 芸能