タフオ

Just another WordPress site

*

田村英里子“共演NG”と24年ぶり再会そして当時の恐怖アイドル事件と現在は

      2017/01/18

Pocket

26日(土)放送の日本テレビ系特番 夜7:00)『誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!』でお笑いタレントの明石家さんまが“共演NG”とうわさされる芸能人たちと対面する。また今も昔もアイドルの宿命的恐怖事件と現在を紹介します。

スポンサーリンク

今回、現在はハリウッドに拠点を移し、人気ドラマ『HEROES』で人気を集めた田村英里子がこのために?緊急帰国。さんまと24年ぶりの再会するほか、

♥田村英里子さんプロフィール
生年月日:1973年1月16日(43才)、出身:茨城県ひたちなか市、血液型:B型、星座:やぎ座、職業:女優・歌手、T164 B82 W56 H85、SAGのメンバー。E, Inc.代表取締役。
主な作品:『私が愛したウルトラセブン』『秀吉』 『HEROES』 『REAPER』 『DRAGONBALL EVOLUTION
受賞:第31回日本レコード大賞・新人賞
履歴:父親の仕事の都合で8歳から13歳までを旧西ドイツ、デュッセルドルフ市で過ごし、現地では日本人学校へ通っていた。14歳で日本に帰国し、受けたオーディションでグランプリを受賞。
大手プロダクション各社からスカウトされ、サンミュージックプロダクションに所属して中学3年の終わりに上京、東映映画『花の降る午後』(大森一樹監督)に古手川祐子と共演しスクリーンデビュー

1989年アイドル歌手デビューして3枚目のシングル「真剣(ほんき)」で新人賞を総なめ、映画でも出演作品では常に注目された。
デビュー当時時の田村英里子を古舘伊知郎がインタビュー+真剣(ほんき)を熱唱(合計映像時間5分14秒)

♥田村英里子さんとの共演NGはどこで・どうして
24年前、さんま司会の番組に出演した時、アイドルで活躍中の田村が自身のCDを告知しようと持っていたCDにさんまの手が当たって落下。その後、さんまは冗談でCDをワザと落としてみせ、傷ついた田村は本番中にもかかわらずステージの上で泣いてしまった

CDを何度も落としてみせたさんまに対し「そこまでやらなくてもいいのに…」と思って泣いてしまった田村だったが、実はその裏でさんまが落としたCDを自腹で買っていたことも発覚する(今更、落としたCDを買ってもたいした詫びにはならないと思う)

さんまは番組では「泣き顔を見せない」「ファンから写真を頼まれたら断らない」と言われる程の人物なので“NGなし”のロングインタビューを敢行する。

♥田村英里子さんに起きた怖い2事件

%e7%94%b0%e6%9d%91%e8%8b%b1%e9%87%8c%e5%ad%90%ef%bc%92

★事件①1995年6月に愛知県の蒲郡ボート場で開催された競艇イベントでの事です。

地元のホテルに田村英里子さんが宿泊した時の事件です。

朝5時半ごろの事。田村英里子さんが宿泊している部屋で何かゴソゴソとあさる物音を聞いて目を覚ましました。

すると冷蔵庫のあたりで見知らぬ男が荷物を物色していたそうです。

田村英里子さんが大きな悲鳴をあげるものの、男は動じずにそこにいたそうです・・・

しかし、隣の部屋のマネージャーが大声で呼びかけたところ、男は逃げました。

犯人はそのホテルで働く19歳の男性社員で即日逮捕されました。マスターキーを用いて侵入したそうです。

男は田村英里子さんのファンでした。

事件当日はイベントだったので、ステージに立ち歌いましたが、1曲目を終えた時点でその時の記憶がフラッシュバック。

そのままステージで恐怖が蘇り、泣き崩れてライブどころでなくなり、ステージは中止に。約1週間の休養を取られました。

★事件②1996年にバカンスで訪れていたマイアミに宿泊した時もほぼ同じ事が起こった。

今度はドアボーイの黒人男性だったそうです。盗難や暴行など実質的な被害は無かった事が不幸中の幸いですね。

♥田村英里子さんは現在43歳、現在も独身です。どうして?騒がれ過ぎて婚期を逃す?

田村さんは2000年に憧れのアメリカへ活動拠点を移し頑張っています。

あれだけ騒がれた彼女は結婚婚もせず、当然お子様もいません。

唯一、一緒に住んでいる家族は”ティファニ”ちゃんというワンちゃんですね。

スポンサーリンク

♥まとめ
さんまクラスになると過去のNG問題で番組ができる事自体が凄い。でも、過去の自分に(NG対象者)ゲストが出会わせてくれる時、何でその時、こんなことを、あんなことを言って・やってしまったのか?と振り返りながら、今なら決してそんな事はしないと思うのはさんまだけではないと思う。

なので見ている視聴者・我々も出来れば我々のNG対象者と、一人でも和解できたらと思う。簡単ではないが!

恐怖体験は誰にでもあるもの、問題はそこから何を学んだか?そこが差がつく。  

スポンサーリンク

 - 芸能