タフオ

Just another WordPress site

*

瀬戸和真近畿大学生逮捕!女性に飲酒させわいせつ行為の疑い?なぜ繰り返される?

   

Pocket

大阪の近畿大学の学生が、友達と共謀で20代の女性に飲食店で大量にシャンパンを飲ませて意識不明の状態に陥らせ、わいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

スポンサーリンク


準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、近畿大学法学部の4年生・瀬戸和真容疑者(22)です。瀬戸容疑者は、今年2月、大阪市北区の飲食店で知人ら数人と、20代の女性にシャンパンやビールを大量に飲ませて意識不明の状態に陥らせ、わいせつな行為をした疑いがもたれています。

この店は大阪市北区の飲食店「MJ」で経営者・吉鷹康寿容疑者(30)も同時に準強制わいせつの容疑逮捕されました。

動画再生時間34秒

女性は知人から、「リムジンに乗って無料で飲ませてくれるパーティーがある」と誘われ、店には瀬戸容疑者を含め男女8人ほどがいたということです。(よく言うただより高いものはない)

「リムジンパーティーをよくやっていたみたい。女の子はタダ。モデル事務所とか風俗の高級店の子を集めていた。女の子は金になるとか(言っていた)、食ったとしたら数え切れない」(瀬戸容疑者の知人)(食ったというのはかもにしたと言う意味?)

店内ではテーブルに置けない形状の特殊なグラスが使われていて、女性に飲酒を強要していたとみられます。この店では数年前から同様のパーティーが行われ、過去にも数件の被害が確認されているということで、警察は店の関係者などからも事情を聴いています。

スポンサーリンク

まとめ
何でもっと早い段階で捜査されなかったのだろうか?被害に会われた女性の一般的真理として大げさにしたくないのも理解できますが、被害者をこれ以上増やさないと言う為に生きる気持ちがより大切と思います。

何より理解できないのはこの種の行為は間違いなく犯罪で、テレビドラマでもよく取り上げられるネタです。それをやればやった人加害者は刑務所行き・履歴書に一生消えないものが残る後悔するはずです。

被害者も心の傷が癒やし難く大変なはずで、それらを全く考えずに犯罪を起こす?一度人間は人殺しでもなんでもやってしまうと自制心が働きづらいらしい STOP the 性犯罪 

スポンサーリンク

 - 事故・事件