タフオ

Just another WordPress site

*

木村文乃と結婚した千葉大樹(写真)はふみ飯ざんまい?

   

Pocket

女優木村文乃(ふみの29)さんは11月11日、30代後半の演技講師と婚姻届を提出して結婚していたことが、17日に判りました
注目のお相手は、木村曰く「下を向いて歩いていた私に勇気や力をくれた明るく温かい太陽の様な方です」と言う紹介です。その30代後半の男性をリサーチしました。その結果、恐らく千葉大樹さん39才と思われます。

スポンサーリンク

♥木村文乃プロフィール

木村文乃(きむら・ふみの)1987年(昭62)10月19日、東京都生まれ、身長:164cm、血液型:AB

出演歴
2006・女優デビュー年映画「アダン」ヒロイン
2006・「風のダドゥ」で映画初主演。同年NHK大河ドラマ「功名が辻」
2008・年NHK連続テレビ小説「だんだん」など出演したが一時活動を休止。
2011・「ちふれ化粧品」や「NTTドコモ」などCM4本に出演して注目された。
2012・NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」にも出演。
2013・までの活動再開5年間でドラマ30本以上、映画20本に出演
%e6%9c%a8%e6%9d%91%e6%96%87%e4%b9%83
♥お相手との出会い
演技指導を約5年前からを仰いでいた30代後半の人物(名前?)と、数年前から本格的な交際に発展。
演技指導+異性を愛する方法までも伝授?されゴールインした
その成果は出演CMのほか、高い演技力も習得、

来年はSMAP木村拓哉(44)主演のTBS系連続ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(1月、日曜午後9時より)に出演するで公私ともに充実を迎えている。

関係者によると何故か「1並び」の11月11日に都内の区役所に婚姻届を提出した。縁起担ぎ?

妊娠はしておらず(自制心のある男性)仕事は続ける。とりあえず、挙式や披露宴をする予定はない(式は両家相談後?)という。

最高のパートナーと結ばれたようだ。現在の芸能事務所に6年前に所属すると、事務所運営のワークショップ(俳優養成学校)で演技指導の講師をしていたのが相手の男性だった。

休止していた芸能活動を再開させたばかりで、演技を根本から学び直したいと強い意欲を持っていた。厳しくも実りある指導を受け、尊敬の思いを抱くと同時に、強い信頼関係が愛の土台としても築き上げられたようだ。
♥お相手:千葉大樹(39才)さんは本場アメリカで修行した映画分野のマルチタレント
生年月日:1977年7月30日
1996年:高校卒業後、俳優を志望で渡米、Orange Coast College 卒業
2000年:長編ホラー映画『SCAR』の主演・脚本・プロデュース
2003年:蒼井優主演の短編映画『MEMOIR』の脚本・プロデュース
その他、全編携帯電話撮影した『タイムカプセル』で脚本・監督・プロデュース
2005~2009年映画評論家としてJ-WAVEで映画紹介のラジオパーソナルティー
アメリカでの演技経験より俳優育成の訓練場『トライストーン・エンタテイメント』を開講中
木村文乃さんもそこの受講生、  (途中経歴は一部割愛)

木村は好感度が良く、11年、桑田佳祐(60)と共演したNTTドコモのスマホをはじめ、同時期に4社のCM出演を果たして一躍注目された。

翌12年にNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」に出演して全国区の知名度を獲得。地道に磨き続けた演技力が認められ、清楚(せいそ)で親しみやすいキャラクターも支持され、多くの映画やドラマに出演。

昨年はTBS系「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」で連続ドラマ初主演も果たした。

連ドラ主演など実績を重ねた上で所属事務所に将来的な結婚の意思を告げて交際していた。約1年をかけて環境を整え、晴れてゴールイン。既にスポンサーなど関係者への報告は済ませている。実に安心できる大人の対応です。

お相手は現在、複数のワークショップで指導中。誠実な人柄で、多くの生徒から慕われている。2人は今でもよく演劇論を交わし、互いに切磋琢磨(せっさたくま)している。木村は最高の伴侶を得て、今後も精力的に女優業に励んでいけるようだ。

癒やし系の美貌で男性ファンも多いが、手料理写真を掲載するインスタグラムは、女優の中では長沢まさみ、桐谷美玲に次ぐフォロワー数160万人以上という人気を誇る。

出演CMは通算33本、現在も10社の企業と契約中で好感度は抜群だ。来年も出演ドラマの放送や出演映画の公開が相次ぐ。女性として大きな幸せをつかみ、女優としてさらなる飛躍を遂げる。

スポンサーリンク

♥まとめ
現在、相手の名前が出てこない所を見ると、男性は控えめな方で温厚ながら職業から情熱的と推察します。女優のお相手、特に木村文乃さんみたいな超売れっ子はそうゆう人がもっとも相応しいと思います。
お相手の名前等はもう少しお待ち下さい。お二人とも気・ケガに気を付けて末永くお幸せを祈ります。 

スポンサーリンク

 - 芸能