タフオ

Just another WordPress site

*

阿川佐和子さん遂に結婚、お相手は元慶応大学S教授、名前は?

      2016/11/15

Pocket

阿川佐和子63才ついに結婚へ!お相手は元慶応大学S教授69才

スポンサーリンク

♥阿川佐知子プロフィール

誕生:1953年11月1(63歳)出身東京都、職業:エッセイスト・タレント、最終学歴:慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業

★主な受賞歴:1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』)、1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』)、2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』)

★親族:祖父:阿川甲一、 父:阿川弘之、 兄:阿川尚之

「お互い喪中ですし、(すぐには)わかりませんけどね。まだ入籍はしていません。

区役所に聞いていただければわかりますよ。もう、寒いんだからいいじゃない!(笑)」

東京に木枯らし1号が吹いた11月9日。女性自身の直撃に、阿川佐和子さん(63)は満面の笑みで応じた。

作家の阿川弘之を父に持ち、自身もタレント、エッセイストとして活躍。2012年に刊行した 『聞く力』は累計150万部以上を売り上げ、大ヒットした。

「お見合い歴30回」を公言するなど、「結婚できない女」の先駆けとして、独身生活を貫いてきた阿川さんだが、ついに結婚話が浮上。

お相手は、6歳年上のS氏だ。2013年に定年退任するまで、阿川さんの母校・慶應義塾大学のS教授を務めてい

真相を問うため、本誌が阿川さんを直撃したのが冒頭の様子。翌朝、今度はあらためてS氏に話を聞いた

「(入籍についての話は)出ていますね。どちらからともなく、自然発生的に

将来、入籍する意思については、「急いではいませんが……はい」と、結婚を明言したのだった。

阿川さんは、雑誌の取材に「『早く嫁に行け』が父の口癖だった」と述懐したことがある。作家の先輩で、怖かった父の墓前に、もうすぐめでたい報告ができそうだ。

スポンサーリンク

♥まとめ

★馴れ初めは?母校、元慶応義塾大学S教授さんとの出会いは色々と可能性が考えられますね。6年人生の先輩でさすがの佐和子さんも聞き手ではなく聞かれ役、委ねっれる人に出会い、『結婚できない女』のバリヤーが自然に晴れていた、気づいたら結婚することに互いに合意していたようですね。

この貴重な体験を多くの結婚待機組の女性陣に伝授して縁結びをして下さい!  おめでとうございます。 

スポンサーリンク

 - 芸能