タフオ

Just another WordPress site

*

織田裕二はドラマIQ246で話し方が変わった!確かに?解釈に2説あり

   

Pocket

織田裕二のファンになったきっかけは多く人々において、1997年1月から3月にかけてフジテレビ系で放映された『踊る大捜査線』の破天荒で純粋な主役青島刑事に魅了されたからだと思います。織田裕二は男気に溢れ、我々?庶民の味方、私と同じ安アパートに住み、同じ生活基準に生きている。違うのは正義感・警察官であることぐらいに思い込んで見ていました。

ドラマIQ246で過去の織田裕二とは異次元の背景・キャラである事と毎回多くの批判が届くので織田裕二がマイナイーチェンジを試みている様に見えます。詰まりより良いキャラを模索している感じです。この観点でご視聴下さい。

スポンサーリンク

しかし10月16日からTBS日曜日夜9時に出会いう織田裕二は貴族の家系、日本の名門家系ベストテンに入るような設定でかつIQ246の天才中の天才という人物像です。そこで唯一、共通性を感じるのは推定年令30~40才ながら未だに未婚、結婚していない・できていない?事ぐらいです。

コアな織田裕二ファイン以外、一般的レベルの織田ファンとしてはいくらIQ246の超天才が食べるに全く困らず、暇つぶしに警察もお手上げの完全犯罪を説いても、それがどうしたの?ましてや人物像として容姿には問題なくても、一番に人間性が出てしまうのが会話・セリフに違和感を感じました。

既に10月16日(日)スタートしたので4作(10/16・23・30、11/6)を上映しましたが、今でに織田裕二(青島)のセリフらしくないように思える方が多いいようです。また、古畑または相棒の杉下右京に限りなく近く、真似ているパクリだと言う、厳しく批判する人が多いようです。

織田裕二が役に熱心に取り込む姿勢は凄い、真剣で一生懸命というのは定評があります。監督と熱心に打ち合わせのセリフ芸姑、更に追求してベストないい回し等を研究・確認した全ての努力を注ぎ込んでだのが過去4回の作品です。

スポンサーリンク

まとめ

IQ246の高貴な血筋を持つ背景は過去の織田裕二の裏側的存在つまり真逆的キャラです。例えば頭で事件解決、犯人捕獲出来ない?、青島刑事と違う

IQ246なる法門寺沙羅駆は画面上に登場する人物なんだ!と思い込むことです。逆にIQ246で高貴の家柄の人物とは?想像できないはずです。各人が期待して抱いた架空人物を早く退場させるか、すり替える必要があります。残りの放映回数(11/13・20・27、12/4・11・18)全部で6回と予想され、遅くてもこの期間内にです。視聴者受けしないキャラを少しでも改善しているという説があります。過去4回で少しづつマイナーチェンジしている?

来年は同じ時間帯でキクタク主演のドラマ予定です。詰まり全作品12回中4回、3分の1を見ても馴染めなければ何時納得、満足するのでしょうか?各自、自由ながら早めに意識変革をしないと終わってしまいます。或るは織田裕二ファンを辞めることになります。決断はあなた次第です。 完

スポンサーリンク

 - 芸能