タフオ

Just another WordPress site

*

戦闘糧食(ミリメシ)を陸曹長がネットオークションで売却、味はまずい?

      2016/11/02

Pocket

10月31日、自衛隊員に訓練中の携行食として支給される戦闘糧食(ミリメシ:軍事マニア)を1万点近くもネットオークションに出品、売却したとして、陸上自衛隊第1空挺団(千葉・習志野駐屯地)に所属の同空挺団本部中隊の男性陸曹長(43)を懲戒免職処分にした。

スポンサーリンク

陸曹長はなんのタメ「遊興費に充てるためにやった」と出品を認めているという。
同駐屯地によると、既に陸曹長は2009年11月ごろから15年6月下旬までの間、部隊の戦闘糧食9,658点をネットオークションに出品、計約248万円で売却した。防衛省陸上幕僚監部がネットをチェックし、出品者のIDの一部に本人の名前が使われていたことから発覚した。

戦闘糧食は訓練の日数に応じて隊員に支給され、缶詰とレトルトパック詰めの2種類がある。陸曹長は支給されたものに加え、同僚からも私用目的と明かさずに集めていたという。

スポンサーリンク

まとめ
既に7年間前の2009年より陸曹長は横流しをしていました。問題視したいのは組織の硬直化です、何故7年間もバレなかったのか、それこそが問題?

何故、問題を実行した自衛隊の名前を公表しないのか?できないのか?何故? 民間の場合は有りません。恐らく問題が下火になったら自衛隊に再就職させることを思っているのでは? それで良いのでしょうか?  

スポンサーリンク

 - 事故・事件