タフオ

Just another WordPress site

*

卒業式は先生、母、父、卒業ソングと楽しくもせつない思いで

   

Pocket

早春の今、多くの自然が芽吹く時、
人もまた再スタートに備える時に、

まもなく待ちに待った心躍る、桜咲く季節です。
そしてその前に誰しもが一生忘れがたい日本の国民的行事が行われます。

スポンサーリンク

それは卒業式です。

保育園の卒業式  小学校の卒業式 中学校の卒業式 高校の卒業式 大学の卒業式

以上は一般的な子供達が大人になるまでの学生時代に体験する卒業式です。

卒業式には思い出の言葉「服、母、父、40代、おしれ、ワンピース、卒業ソング、・・・」や
様々な光景が思い出されます。

誰の為に何の為にあるのでしょうか?
それは

第一に子供自身・本人の為に、成長を確認して
自分を応援して導いてくれた親と先生、社会、国に対する言いようのない
(感謝・安心・自信・惜別せきべつ)を式典より感じます。

各人に残る最も印象深い、卒業式は異なります
各人が出会った人達や様々な運動会・旅行等経験の印象に違いがある故に

第二に育て親の為に、育てた子供の成長を確認する事は
応援してきた子供に対する言いようのない(感謝・安心・自信・慰労)を式典より感じる

同様に、第三に教員・学校関係者の為にある

スポンサーリンク

この後は各人異なる事が多いが

青年の卒業式 30代の卒業式 40代の卒業式 50代の卒業式 60代の卒業式

なんでこんなに卒業式をするの?
ここで解るのは自分で作った卒業式でも意味がありそれなりの価値がある

日本人基準で考えた卒業式、その他の国々はどうなのかな?世界中には?

今までの事を区切り、次の段階への心構えを準備する

結婚も卒業式(一人の人生から二人の人生へ)

出産の卒業式(子供から親になる)

離婚も卒業式(二人の共同経営をやめる)

死別も卒業式(見送る)

地上生活の卒業式(この世からあの世へ見送られる、最後の卒業式)

まとめ:
各段階の卒業式をしっかりする事が本人・個人にとっても必要不可欠である事は
勿論ですが更にまわりの親・兄弟や学校関係者においても同様に大事です。

竹の如く、日々成長するか手において節がしっかりしなくては
次の生長期間においてのしっかりとした土台がないので難しくなります。
節目が丈夫に育てられなかった場合、竹が折れてしまう如く
人としても人格がしっかりしなく自信のない人なり易い。

全てに人がすべての卒業式において(自信・感謝・誇り等)の
前向きな思いのみが得られる事はあまりないと思う。

むしろ、(挫折感・敗北感・失望感等)の
後ろ向きな思いを感じる中でもどのように再スタートできるか
とても大事、人生、うまくゆく時よりそうでない時の方が多い。

希望の季節に場違いで聞きたくない
「卒業式の御礼参り、自殺等」と言う言葉もニュースで聞く事がある、

人生はいつも本番、私の人生は私が主役、間もなく来る卒業式の節目でも、
楽しくても辛くても必ず自分にもサポーター親・先生がいる、
いなければ生まれる事さえできなかったはず。

満足できないサポーターかも、事情があって応援してくれない人かも、
子供から大人への道は与えられて喜ぶことから自分で勝ち取って喜ぶ世界へ

自己成長から得た達成感は本心が認め自信となり他者への配慮と発展 

スポンサーリンク

 - イベント