タフオ

Just another WordPress site

*

ダウンライトの交換はDIYがお勧め、解りやすく解説

      2017/01/18

Pocket

玄関の照明(ダウンライト)を変える事で、ダウンライトLEDの交換のポイントマスター

LEDのダウンライトの交換についての気になる情報をまとめました。今、ダウンライトが火災の原因になる場合が年々増加傾向なので、その原因を知り防止・注意すべきこと記録しました。また交換回数もLED化によりを激減できます。

フラットなデザインでインテリアの邪魔をしないため人気が高く玄関や廊下の照明に使用されることの多いダウンライトですが実はダウンライトの交換には注意が必要です。そこで今回はダウンライトの種類とそれぞれの交換方法説明します。

スポンサーリンク

ダウンライト交換実演紹介動画:1分2秒

ダウンライトの種類とそれぞれの交換方法

  %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%881玄関や廊下でよく使用されるダウンライトには大きく3種類あります。
蛍光灯タイプ、LED電球タイプ、LED内蔵タイプです。

蛍光灯タイプとLED電球タイプは電球のみの交換が可能ですが、LED内蔵タイプは電
球と照明器具が一体となっているため電球が切れた際には器具ごと交換が必要です。

 

蛍光灯とLED電球タイプのメリット・デメリット

 蛍光灯タイプは比較的安価で電球のみの交換も可能ですが、LEDへの交換は不可の場合が
多いです。今後LEDへの交換を検討している場合は事前にメーカーに確認しておくといいでしょう。
LED電球タイプは内蔵タイプより高価ですが電球のみの交換が可能です。
但し、天井と完全にフラットにはならないため、デザイン性の面でやや難ありです。

交換可能なLEDダウンライトの価格や性能について

A0048372 9421381

 点けたり消したりの回数が多くても寿命が縮まず、点灯したらすぐ明るくなるのがLEDダウンライト。電気代の削減にもつながり、部屋に合わせて電球色を選択することができます。LEDランプの寿命は長く値段が高くても長持ちするのでお得です。

点灯時間の少ない場所での使用は電球のもちがよくても本体部品の劣化により取り替えが必要になる場合があるので一体型のダウンライトを導入を視野に入れてもよいでしょう。

電球型蛍光灯と比較して電気代は?

Fotolia 53032004 subscription monthly m 460x300

 点灯してすぐ明るくなるのが特徴のLED電球。消費電力が少なく寿命が長いので交換の手間がかからなくてすむのがメリットです。電球型蛍光灯の寿命が約3年7か月に対してLEDライトの寿命はなんと約11年も。
1年間にかかる電気代については同等ですが、LEDライトは寿命が長く交換がいらない分、電球型蛍光灯よりお得と言えるでしょう。

LED電球の交換方法と選ぶポイント【明るさ・色の違いについて】

Lda6 h hako 480 LED電球は自然な白っぽい光の昼白色もしくは青味がかった光の昼光色のどちらか一方と白熱電球に近いやわらかい光の電球色の2種類が設定されているのが一般的。

消費電力と発光効率が同じ条件下では昼光色、昼白色、電球色の順です。

LED電球の明るさはルーメン値で表され、白熱電球のルーメン値を目安に何ワット相当と表示されているので目安に。

【電球の交換には口金の種類の確認を】

Ts e17led01

 寿命が長く電気代の削減にもなるLED電球ですが、普通の電球に比べて高価なのも特徴です。

電球と照明器具を結合させるための口金にはさまざまなタイプがあります。せっかく購入したLED電球の口金が照明器具との不一致で使えないことを避けるため種類を確認することが大切。

照明器具のソケットのサイズや外した電球のパッケージまたは本体に書いてあるサイズをしっかりと確認し購入しましょう

【LED電球が付けられないタイプのダウンライトも】

P8300033

 LED電球への交換は誰にでも簡単にでき節電に大きな効果をもたらしますが、交換に失敗しないよう注意すべきポイントがあります。

断熱材が使用されている天井にはめ込まれているダウンライトは専用の照明器具のため、専用のLED電球を使う必要があります。

断熱材施工器具かどうかの確認はダウンライト本体のシールが目印。ソケットが合わず取り付けができないトラブルを防ぐため事前に確認しましょう。

 

電球交換不可の一体型LEDダウンライト
【交換不可のLEDダウンライトが主流になりつつある】

 寿命の長いLED電球。一日の使用時間が短い場所のダウンライトでは交換頻度がさらに減りますが、LED電球の寿命が延びても照明器具のプラスチック部分の劣化などよる本体の交換時期が来るのが実情です。

照明器具の取替え時期は安全性を考慮した10年が推奨されており、最近では電球交換不可の一体型ダウンライトが主流になりつつあります。

LED内蔵タイプのメリット・デメリット

 LED内蔵タイプは照明のみの交換ができないため一見メンテナンスが面倒に思えますが、LEDの寿命は約40,000時間と言われているため、玄関での使用であれば1日1時間も使用しないと思われるので100年以上もつ計算になります。

そのため、通常はLED光源より先に照明器具の寿命がくるため他の種類とメンテナンスの煩雑さはそう変わりません。

LED内蔵タイプの交換方法と注意点

0423

 ダウンライトの器具交換には配線工事が伴うため、電気工事士の資格が必要になります。

通常は専門の業者に依頼することになりますが、自分で交換しようと考えているかたはくれぐれも無資格で実施しないようにご注意ください。

 

 

専門業者に依頼した場合のLED内蔵タイプの交換費用

20160225165522

                                                                                                                                                                     専門業者に依頼した場合の交換費用はだいたい1個あたり5,000円~10,000円程度です。業者に依頼すれば交換後の商品選びや玄関での使用に便利な人感センサーなどの機能追加などについても相談に乗ってもらえます。

玄関や廊下の照明を検討中の方、照明を決める際はメンテナンス性も考慮して決めるといいでしょう。

電球交換可能タイプと一体型どちらを選ぶ?

選び方のポイント

065 004

設置する場所で変えるのもあり

出典: enechange.jp

白熱電球と同様に色の種類があるLED電球。オレンジがかった光の電球色は、リラックしたい寝室におすすめの色。

設置する場所で変えるのもあり

Fotolia 65948040 subscription monthly m 380x253

 白熱電球と同様に色の種類があるLED電球。オレンジがかった光の電球色は、リラックしたい寝室におすすめの色。

昼白色は自然な白さの光なので人の集まるキッチンやリビングに適しており、青みがかった光の昼光色は勉強机のある部屋や仕事場に使うと集中色を高めてくれます。

照明器具を設置する部屋に合わせて適した光色のLED電球を選びましょう。

スポンサーリンク

交換の注意点
照明器具を設置する部屋によって最適な光色を選択できるLED電球。ダウンライトを導入するときの注意点をふまえておけば失敗がありません。寿命が長く電気代節約にも貢献するLED電球を上手に取り入れて快適な生活を送りましょう

電球交換可能タイプの照明器具と一体型のどちらを設置するかについては使用時間の長さを考慮して選択するのがおすすめ。

トイレや玄関など1日の点灯時間が短い場所ではLED電球の寿命が延びても照明器具本体の取替時期がきますが、点灯時間の長い部屋への設置においては電球交換可能タイプの方が経済的と言えるでしょう。 

スポンサーリンク

 - 経済