タフオ

Just another WordPress site

*

サラ・オレイン報道ステーションにヴァイオリンニスト・コメンテーターとして

      2017/02/01

Pocket

サラ・オレインさんはバイオリニストで声楽家、父親がオーストラリアで母親が日本人のハーフ、超美人で頭脳明晰、シドニー大学・東大でも学んだ人が、何故か?報道ステーションに出演されました。コメンテーターとして異次元からの意見を参考にするためのでしょうか?報道ステのプロディーサーにでも聞いて見たかった!今日だけの出演なのか? サラ・オレインさんを紹介します。

スポンサーリンク

報道ステーションでの特別ゲスト、サラ・オレインのヴァイオリン生演奏

サラ・オレインとは
プロフィール:生年月日・1986年10月8日(30才)、出身地・オーストラリア国シドニー(首都)、学歴・シドニー大学・東京大学
職業:歌手・ヴァイオニスト・作詞家・作曲家・翻訳家、使用楽器:ボーカル・ヴァイオリン・ピアノ、活動開始・2010~

生立ち:シドニー生まれ、母親が日本人で音楽家、5才からヴァイオリン習い、14才で声楽も習う絶対音感・3オクターブ以上の声音を持ち、MayJをも超える才能。

才能:在学期間に多くの音楽コンクールに参加し、優勝を修めた、2006年、世界の大学成績優秀者上位10%のみ入会が許される ゴールデン・キー国際名誉協会員に選ばれる。2007年には、シドニー大学音楽部門成績優秀者に贈られるセーラテレッサ・マッキンソン作曲賞および学内成績優秀者に贈られるウォルターレイドメモリアル賞を受。

澄んだ声と、強い声を自在に使い分ける「声帯のアスリート」
抜群に安定した発声ができており、音声波形が定規で書いたようにまっすぐに伸びる。一般の人が普通、声を伸ばそうとしたときには、肺からの空気や声帯の揺れで震えてしまい、どうしても真っ直ぐに伸びないが、サラの声は非常に安定的にコントロールされて、その安定感はまるで楽器のよう。

スポンサーリンク

まとめ
報道ステーションに月一でも世情の過酷なニュースで重い番組を浄化する為に出演されたらと思いました。週イチでも良い。 

スポンサーリンク

 - 芸能