タフオ

Just another WordPress site

*

真飛聖、稲垣吾郎との熱愛・結婚報道?ドラマIQ246の演技に注目

   

Pocket

♥なんて呼ぶのかな?(気になる人)
そもそも『真飛聖』は本名ですか?芸名ですか?と聞きたくなりました、どう呼ぶべきか?ちょっと考える名前です、出身は?

●神奈川県川崎市出身で本名は山下裕子(やましたゆうこ)です。都会っ子で普通の名前なので、芸名にはひねりを加えたかったのだと思います。

母親が読んでいた小説「マートブ! ―自由を求めて550日」の主人公「マートブ」の響きが好きで当て字を名付け、「聖」は「真飛」に合わせて付けたと聞きましたが、『まとぶ』プラス『セイ』?は独特なチョイスだと思いますが?
宝塚のエリート、タカラジェンヌはどこか違う!そんな真飛聖さんに注目しました。

スポンサーリンク

♥稲垣吾郎との早春熱愛は?(いよいよ本論の話)
SMAPの稲垣吾郎42才とはミュージカル(今年の2~3月:パルコ・ミュージカル・シアター「恋と音楽 FINAL~時間劇場の奇跡~」)ので仕事を一緒にした際に真飛聖さんを『僕の好きなカサブランカの花のように美しい人』と褒めちぎった上にプラスアルファが芸能ニュースで取り上げ炎上したようです。その後、互いに交際を否定して追加事実も発見されないので話は休眠状態です。

稲垣吾郎さんの両親は兼ねてより息子がいい年?になっても、結婚しない?菅野美穂さんとの交際事も期待したのに、その他多くの噂話はあっても結婚できていないことに焦りと無念を表明しておられます。親の立場として全く同感です。

総理大臣から?まで子供がどんなに偉くても偉くなくても、幸せな結婚を望みます。真飛聖さんの親はどうかな?親孝行な子供は親の為に結婚すると言うこともありますから。もちろん親だけの為ではなく、本人のためにもなる結婚を…

♥真飛聖さんの結婚願望は?(本人の意志で9割決まる)
現代の男女の初婚結婚適齢期はかなり妥協して20~40才と思うのです。そして真飛聖さんの結婚相手・噂の人は今日10月11日現在では無いように思えます。実際はおられるのかも知りませんが、過去にはあっても今は芸能ニュースには現れていません。

そこで最重要視すべきことは本人が『結婚したい、するつもり、必ずします』の意志です。例えば40才を超えるまでには、意識と期限を持って結婚の意志があるかないか?これで90%出来るかどうか、決まると思います。

♥真飛聖(まとぶせい)のドラマIQ246(10月16日スタート)での役所?
1976年10月13日生まれ39才、元宝塚、2011年4月宝塚退団後はテレビドラマを始めマスコミ・芸能活度に専念して5年半です。そしてこの秋ドラマIQ246『華麗なる事件簿』に刑事役で登場します。

役所はどうみても脇役で、名前からして真剣な謎解きの中での笑いを取る落ち立場、役名が『今市種子』は(いまいちたねこ)、どことなく古く、滑稽な感じを受けます。本人にはこの名前が大嫌いでこの名で呼ばれると切れてしまうそうです。

ならば(役の年令推定30才)この年まで何千回切れたことでしょう?(反抗期10才からとして一日1回切れても、365回の20年分7,300回です)そう言う人は警察官になれなと思うのですが?ドラマ化すると言うことは必ず、幾つかの点で異常と思える設定の人や環境を想定するもんですね。

それでも警視庁捜査一課所属です。さらに下記の同僚と紗羅駆の手柄を横取りしあうとか、笑いの対象でズッコケキャラです。

●同僚の警察官山田次郎は超エリート                                                                                                                                                     子供時代は貧乏だったので主人公沙羅駆に反発心を持つがIQ246の才能には敬服するようです。また男性同様が灘高・東大・ハーバード大を常に主席で卒業、柔拳・英語・フランス語もできて超エリートでながら名前が山田という事でありきたりな為に主人公紗羅駆からは名前を覚えてもらえず屈辱と沙羅駆に不満を感じます。

♥IQ246人物相関図chart%ef%bc%88%e4%ba%ba%e7%89%a9%e7%9b%b8%e9%96%a2%e5%9b%b3%ef%bc%89

スポンサーリンク

♥まとめ(良き人と結婚を)+ドラマIQ『華麗なる事件簿』に関してはここから
公私共に望ましいのは素晴しい結婚です。何事もですが、特に結婚したから100%幸せになる保証はありません。ただ本来、結婚は人生の通過すべき登竜門だと思えます。良き家庭に我々の幸福の起点が有と思うのです。全てが芸の肥やし、結婚・離婚・浮気Etcとして芸人は全てのトラブルを味わうのが必然はなく、結婚して離婚・浮気しない道を歩み続ける事の難しさを克服した人の方が良いと思うのです。

何故か、結婚式の感想・決意で『二人の愛は永遠です』と言う意味の言葉を表明しながら数ヶ月から数十年後、堂々と離婚会見をする多くの芸能人の本音は何処に。勿論、離婚は芸能人だけではありませんが。自分の気持は思ったより変わってしまう、強いと思った愛はそうではなく、もろいものだとその時、知ります。振れない愛は何処に、そういう愛を真飛聖さんに期待します。    

♥ドラマIQ246に関しては下記のページをご覧下さい。
IQ246~華麗なる事件簿~のキャスト相関図、ねたばれで本番の楽しさ倍増

スポンサーリンク

 - 芸能