タフオ

Just another WordPress site

*

さんま引退説まで、最近の禁句トークは何の為に?

   

Pocket

芸能界ビッグスリー『さんま、たけし、タモリ』のさんまは最近のトークに禁句が多く周囲をハラハラ・ドキドキさせています。その真意が不明なので引退説まで聞かれるようになりました。

今日で今年も残り3ヶ月間、年内には彼の真意が判明すると思います。年末の『紅白はSMAP最後のステージ』以上に気になりますね、先が読めないさんまに改めて注目しました。

スポンサーリンク


 ♥さんまの近況
%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%be1「オレは木村派」で何が言いたかったのか?
8月27日放送の「さんまのお笑い向上委員会」でさんまはSMAP解散に関して『オレは木村派や」と明言したことに関して関係者から疑問と憶測が流れています。
SMAP解散に関して木村派と4人組派、どちらの応援をしても余りイイ結果が期待できません。だからその問題に触れないのが常識ある芸能人です。ところがあえてそこに触れたのは何の為に?いくらバラエティー番組の王者でも、それが笑いをとれるものかどうかは超ベテランのさんまがわからないはずがない。
さんまはSMAPとは古いつきあいでかつ木村派(ジャニーズ事務所派で反一般人派)になる理由が見当たりません。

たとえさんまでも間違いはあるの失言説の確率は数%です。つまり失言覚悟であえた禁句を言った可能性が高い、何の為に?
芸能界のタブーに挑戦して得たいものは?
芸能界の恩恵を誰よりも受けその仕来りを知り尽くしたさんまはそのルールをより良くしたい・改善したいか又は
一時引退の可能性があると思います。

♥31年半続いた「さんまのまんま」終了の意味
何故番組が閉じたのか?30年以上も続いてたのでマンネリ化して視聴率も…と思うのが一般論ですが、さんまは持論のコメントをあえて下記を公言したのです。

「最近は放送局も景気が悪く、制作費が厳しい。自分は本来ギャラが高いので遠慮してただでもいいと思うが、そうなると若手はますます貰えるものがもらえなくなるので、自分の都合でギャラを下げると迷惑する者がいるので、悩ましい」。さんまは気遣いの人

プロ野球の年俸も後輩の為に実績に応じてアップを要求するのは自分のためだけではない、しかし一方で球団は高額年俸が多いと若手を確保する資金が不足すると言う話を思い出します。さんまの場合と違う影響力が働く業界の金銭事情ですが、要は給与の高額者とそうでない人の関係が有る事は同じです。

%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%be3♥「吉本興業と松竹芸能には分厚い壁があった」のぶっちゃけ証言
9月26日放送「痛快、明石家電市視台」でさんまはゲストの松竹芸能所属のTKO・木下隆行が「吉本興行所属のさんまさんとツーショットはありえないと…」気を使いなが語ると、さんまはばっさり「同じ番組に共演する事は難しかった、吉本と松竹には壁があったから」

さんまクラスには何がタブーでここまでは言ってもいいが、これからはダメと言う知識と何よりも感性が信頼できるのでバラティーのMCをいくつも、何十年もやって来られたのだと思う。彼は今回の問題発言を問題として自覚しているのだろうか?しているとしたら何のために? やはり芸能業界の変革為又は引退の一貫この2つ仮説が思い浮かびました。

スポンサーリンク

♥まとめ(残りの人生に自分の限界に挑戦したいと思える行動継パターン?:大胆予測)
◎還暦を超えて、色々と体験して成功した事、失敗したこと等、自分の愛娘IMALU(イマル:生きているだけでまるもうけ)はもう25才。今後、何に最大の関心事があるのか?地位、名誉、富、家族(結婚→離婚、一人娘)を得たら、残りは何が欲しい。

自分が納得する生き方、自分の限界に挑戦したい、残りの人生はお世話になった人々に恩返ししたい。以上を要約して彼は芸能界を自分に多少風当たりが強くなっても挑戦したい。引退するかもしれないが、単なる引退ではなく、数年の後の充電期間後再起する。

スポンサーリンク

 - 芸能