タフオ

Just another WordPress site

*

マイナス金利とは?国債、貯金、住宅ローンはどうなる?

   

Pocket

日銀のマイナス金利は2月16日から日銀への新規銀行預金に対してスタートしました
その影響は住宅ローン、国債、貯金、住宅ローンについてどうなるんか?そのデメリット?
検証してどうすれば良いのか、考察してみました

スポンサーリンク

まずマイナス金利とは、解りやすく

低金利が長く続いてきました、 銀行に100万円1年間預けても100円の利子しかつかないとか。

しかし日銀の言う、マイナス金利とは低金利を超えて更に預ける人には不利な条件です。
但し、銀行の銀行という日本銀行が我々一般人、もしくは会社に適用する条件ではありません

日本銀行が一般銀行に対して新たに預金をした場合のみの新条件です
一般銀行は一定額を担保の様に日本銀行に預けなければならない義務あります
2月16日以後、新たに預金する金額に対して、

その際、今までは+0.001%、100万円を1年間預けたらたった10円の利子受取
    これからは-0.001%、    〃         10円を支払う

今まで銀行は多少なりとも預金額に応じて日銀から利子を受け取れたのが、逆になりました
預かって上げる名目で手間賃を取られてしまうようなものです。

また銀行は今まで預金額に応じてお客に低利ながら支払っていた利子がありました。
さすがにマイナス金利では我々一般客に日銀の様に要求はしないでしょうが、利子は限りなく0円に近くなります

マイナス金利の発表から今日までの現象

麻生太郎財務相は、16日の閣議後の記者会見でマイナス金利効果について
消費や投資にプラスに働き、経済の拡大が期待される」との見方を示した。
銀行の収益悪化問題に対しても、「新しい政策が出たら、効果が出るまでは時間をもって見守るのが必要だ」と強調した

歴史的低金利ならば借手、株式運用したり設備投資したりで大いに経済活性化に役立ちインフレ化の兆しが顕著に表れるべきです。
しかし、現実、現在そうなっていくようにまだ見えません。

その要因は日本経済が堅調でもヨーロッパ、好調だったアメリカにかげり、中国の低迷下等力強い牽引者不在の状態にあります

マイナス金利実行されて週末なのでまだまだ、その効果を判断すには早すぎますが、
経済専門家もメリット・デメリットの両面を指摘しながらも断定するには早すぎる状態です。

スポンサーリンク

国債は今までは処分する時には利子がえられましたが、これからは預かり賃を支払状態です。
それでも国債は人気が高く、その理由は不動産と異なり非常に換金性がすぐれている点です

貯金は金利の低下:三井住友銀行0.02%→0.01%  ゆうちょ銀行通常貯金:0.03%→0.02%

住宅ローンは低金利かがますます進め借りやすくなります、場合によって借り換えてより有利な返済が可能です

まとめ:どうすればいいの?

マイナス金利は禁じ手に近い緊急避難的手法です。
黒田総裁曰く、2%物価上昇に目処がつき次第にマイナス金利は止める
私見ですが長くて2年程、短ければ半年、そうでなかれば1年間程で終了とすべき手法
年金者の様に増収増益が有りえない人々にとってマイナス金利が原則、負担増です

一方これ以上国の借金は次世代に先延ばししない為にもプライマリバランスの早期健全化
消費税増税の関門をぱすしなければなりません、国民全体で痛みを分かち合う姿勢が求められます

 

スポンサーリンク

 - 経済