タフオ

Just another WordPress site

*

有吉弘行と夏目三久の関係の真相は?外野に惑わされず初心貫徹を

      2016/09/06

Pocket

スポンサーリンク

二人の関係が日刊スポーツで『有吉弘行夏目三久の熱愛が発覚した。』しかし直後に『有吉が 所属する太田プロダクション、夏目の所属する田辺エージェンシーは当日深夜に揃って「 事実無根」と否定』 その後も唯一日刊スポーツは夏目の妊娠話を報道するなどしているが、他社は田辺社長の威光でこのゴシップを一切取り上げられず、静観の構え。

どうして、そうなるの、真実は1つ、芸能界は超古い体質が残っていて、二人の関係を見守ってあげるどころか、明確につぶしにかかっているようです、いまどき大人げない。お二人の過去・現状、そしてこれからを予想して見ました、ご覧ください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

♥有吉・夏目二人の共通点:挫折からの復活♥

有吉弘行:プロフィール(活動:18才、1992年~)
生年月日:1974年5月31日(42才)、出身地:広島県、血液型:A型、芸風:毒舌芸・いじり芸、事務所:太田プロダクション

1996年お笑い芸人森脇和成と組んだ猿岩石として世界中を旅したヒッチハイクの旅番組で一躍大ブレークしたが3年余りで企画は終了。帰国以後はその旅報告の番組は一時しか持たず、本業のお笑いではまだ実力がなく、コンビ猿岩石は解散してピンで5年程は月収なし近い時代をしのいだ。

有吉が不遇の時をしのげたのは、ブレーク時も将来に不安を感じ最大7000万まで貯金をシッカリして不遇の時に備えていました。それもでプライドか惨めに見られるのがいやでバイトはせず、貯めた貯金は7~8年後には100万円程まで減りました。その時は仕事として『おねえなるか、成人映画の男優、はたまた最終的には仕事ではないが自殺も』を考えた事もあったそうです。

2007年8月『アメトーーク』で後に有吉の専売特許になった『毒舌キャラ・あだ名の命名』がヒットして復帰の足がかりを得た。相手の特徴を毒舌で落としても必ずそれを笑いで救う気遣いがあるので、芸能会の大物でもクレームになれず聴衆の代弁者として芸風を確立して2010年時代からレギュラー番組を持ち、更に冠番組を複数持つようになってきました。今、間違いなく超売れっ子芸能人。

芸能生活24年間、スタートから2~3年でブレイクその数年後には真っ逆さま、そして復活からスターの今まで各12年周期です。復活からの女性関係は当然、多少はありましたが夏目アナとの話題が最も大きく取り沙汰されています。そのきっかけは2週間前の日刊スポーツでした。強烈なタイトルですがは当事者の両事務は完全否定して名誉毀損で訴える状況でも日刊は折れません、『妊娠はしていないかもしれなが、二人は交際している…』と主張を続けています。

夏目三久:プロフィール(活動:2007年~2011年1月は日テレアナ、同年4月~フリーアナ)
生年月日:1984年8月6日(32才)、出身地:大阪府、血液型:O型、ジャンル:バラティ➪報道番組、事務所:田辺エージェンシー

日テレ入社時から報道番組系を強く希望していましたが、実際はバラエティー系が多かったようです。多くのライバルと入社直後から希望の通りに仕事を選べる程日テレは小さくないというか甘くない状況だったと思います。

入社4目の終わり頃に、予想外の退社を決断せざるを得なかった。ネットに交際時期不明ながら男性関係とコンドーム箱を持つ姿の写真が流れ、社内外からのバッシング受けて出演番組を徐々に減らされて居場所を変えざるを得なかった。

日テレ退社後、3ヶ月目フリーアナになった直後、持ち前の明るさと笑顔がキュートでクールな一面が『怒り新党』で遺憾なく発揮され、個性の強い有吉・マコツに対抗できる3人目のMCとして番組は深夜時間帯から徐々にゴールデンタイムに出世しました。

この番組で毒舌の二人を更に毒舌で切り込める、キャラが注目されました。有吉は言ってるだけで彼に毒舌で返せる人物はいませんでしたが、初めて夏目がそれを実行、受けた有吉は毒舌を言われる何ともいえない快感を味わった様です。そこから噂の愛が…

スポンサーリンク

♥まとめ♥二人の判断基準:愛か仕事

二人の騒動で本人達以上に怒っていると思われるのが夏目の所属事務所田辺社長、日刊スポは勿論ながら火種になった有吉が悪い、現状を好転できなければ有吉を干す事もできるし、やれぞという話が広がっています。当然、有吉は干されたくないし、経験済みのスルメ時代は絶対に避けたいと思っています。

表向き二人は思いが通じて結婚も互いに考えていた様でもあります。その場合、多少、冠番組・月給が減っても二人は結婚する覚悟があるのかが自問自答として残り、二人の意志が強ければ年内には結婚という結論が出ると思います。二人共一度、沈んだ貴重な経験があるので互いに信頼して支え合えば、素晴しい家庭を気づけると思います。

芸能界は流行の最先端を追いかける傾向にあると思われていますが、実はその内部体質はもしかして超が付く程古い様です。古いのが全て悪いとは言えませんが、夢と希望を売る業界は自己中心的なボスが仕切っている様ではならないと思います。 

スポンサーリンク

 - 芸能