タフオ

Just another WordPress site

*

北朝鮮の異常粛清はその体制崩壊を早め拉致核ミサイルも本格解決へ

   

Pocket

北朝鮮の(できれば平和的)解放なくして、
拉致被害者の返還も核ミサイル脅威も解決なし、
将来の極東アジアの平和はありえない避けて通れない道です
時間がたっても他国頼みの戦略戦術なくしては・・・

スポンサーリンク

先週2月8日(月)ミサイル発射から1週間もすればその事を忘れがちなのが我ら一般日本人?

今日は日経平均株価が千円以上上がり何とか1万6千代を確保と言う
ニュースがヤフーではトップコラムでした。
また、昨日は5月~6月の陽気に恵まれ春を超えて初夏が来たとまで、
感じた翌日の特に昼から夕方、寒さ戻りは予報通り厳しい・・・

平和な日本です、皮肉でなく本当にありがたい事です。
国の代表者が育休を取得渦中にも不倫して、ばれたら記者会見で誤って再起を誓える

宮崎議員本人は大変な事だとは思います。ベッキー不倫問題、清原和博覚せい剤問題等
日経平均問題、天候気象の事はどれ一つ簡単ではなく当事者にとっては大変なことです。

日々、改善、改良していかないと身近なライバル、諸外国に負けてしまうと言った多くの人が政府・会社が懸命に努力しています。
それでも犯罪は起こり、私服を肥やす事、交通事故、自殺者・・・、多くに負の要素が溢れているようです。

しかし、隣の隣の国、北朝鮮と言う国の状況を見たり聞いたり少し関心を持ってみると日本人で良かったと思えます
我々には完璧ではないにしても殆どまともな警察や政治、経済、会社、社会が目の前にあり日々その一員として過ごしています。

北朝鮮金正恩第一書記就任以来3年間で数百人のエリート幹部と一部その家族、粛清の嵐が止まず。下記はその代表例

2013年12月の張成沢(チャン・ソンテク)国防副委員長(副大統領的存在で叔父・父の妹の夫)の逮捕4日後に処刑
2014年3月北朝鮮「銀河水管弦楽団」のメンバーら4人銀河水管弦楽団の総監督、40代の男性初級幹部2人、40代女性が平壌郊外で全裸にて処刑
2015年4月銃玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長が高射砲による処刑
2016年2月朝鮮人民軍のナンバー3・李永吉総参謀長も処刑

祖父で建国の父と言われる金日成主席もと共に実戦を戦った栄光ある老兵も
3代目の金正恩現第一書記は躊躇なく譜代の将軍達も次から次へと適当な汚名で処分

国連も2014年2月北朝鮮の人権状況を巡って調査委員会が北朝鮮政府による処刑や飢餓、拉致問題などの
人権侵害を「人道に対する罪」と認定する最終報告書を発表。2014年末には安保理の公式議題になった。

そして北朝鮮における人権侵害を追及する国連決議案の作成は2015年10月上旬から始められており、
近い将来、金正恩氏がヒトラーと同列に扱われる可能性が高い

スポンサーリンク

それでもこの流れを阻止して彼を擁護する立場をとり続けるのが拒否権を持つ中国です。
多くに外交専門家が指摘するように、もし北朝鮮が解放され韓国・アメリカ的になれば
国境を直接反共産勢力・敵対国と接する事となりそれは絶対に避けたいのが中国です。

自国の為に、否現状の政治体制を維持するために緩衝材的に価値で存続させたいのが中国の思惑です。

我が国の立場も拉致問題解決のみを願い、それ以上は北朝鮮がどうなろうと関係ないとするならば
日本の願いは実現されません、既に証明ずみです。
韓国ですら同胞でありながら、
北朝鮮難民が押し寄せたならその重荷が大変なので、統一を望まない人もいると聞きます。

総括として韓国・日本・アメリカの3カ国が一丸となって中国・ロシアを説得しながら
北朝鮮の一刻も早いできるでけ平和的ない解放を目指して実践すべきと思います。

かつてベルリンの壁が突然の様に崩壊したのには東欧圏とソ連に様々な活動が影響を及ぼし、
秘密裏に進められたそれらの成果を中心に事がなったと思われます。

北朝鮮庶民の惨状は日本が敗戦から奇跡の復興を成し遂げた70年間もまだ戦時中であり、
これからも先の見えない金正恩独裁体制下で苦しみ続けるのです、
彼らの体制解放をなくして拉致問題の解決はあり得ないと思います。

北朝鮮にあらゆる機会を通じて現世界情勢の政治・文化・経済・科学を伝える事です。
鎖国状態で金独裁体制を維持している事は彼の異常な粛清により皮肉にも崩壊を早めています。

シッカリ準備して望めば2020年までには必ず現体制の崩壊が始まるとみます

中国に頼る事は時間の無駄です、本質を見つめましょう。 
一国、良き国論はエゴであり結局は我々の問題も解決できません。 
最後までお読み頂き感謝です。

スポンサーリンク

 - 世界平和, 政治