タフオ

Just another WordPress site

*

NHK6月5日PM9放送の北朝鮮の機密ファイルで恐怖政治が確認化

      2016/06/11

Pocket

序:6月5日(日)夜9時から50分間で、北朝鮮の機密ファイルに関する放送があると知り、近く隣国の異常ぶりを聞きつつも本当はどうなっているのか?秘密多き国の状況、好奇心から噂に聞く自由の無い国というけど本当にそうなのかな・・・見て、聞いてびっくり、噂以上、想像以上でした。同時代の国とは思えません。どうしてこうなってしまったのか?この先どうなるのだろうか?また新たな疑問が湧いてきました。

スポンサーリンク

そもそも機密文書とは?
北朝鮮軍関係者が作成1,423ファイル12,000ページにも及ぶデータが入ったUSBメモリーを北朝鮮とのパイプを持つ人物から販売希望が有り、NHKからもその売買状況を個人名等を明かさない事で取材許可を得た所から番組はスタートした。取引場所は台湾のとあるレストラン、売値は日本円で300万円程支払いはドル札を含む要望だった。日頃から関係を持つ筋からの紹介なので信用がおけると相手からの商談、その筋の専門家も同席して内容を簡単にチェックしたが本物・価値ある情報と信じて商談は成立した。
金ファミリー家系図:ここのリンクで拡大可能
金家系図

買い取ったファイル分析は4人(日本・アメリカ・韓国)の専門家を中心にて
米軍国家安全局情報分析官、北朝鮮を30年間に渡り研究している大学教授等より次項の内容が明確
内容の作成時は2010年~2013年7月(父親・金正日から息子・金正恩に権力移譲中) 特殊ソフトYlmf で作成(Ylmfはこのファイルの作成者)
2011年時、軍はまだ金正恩(新リーダー)の神格化が進まず
第3軍235部隊(首都ピョンヤン防衛任務1.2万人)に不正が重なる(例:銃弾・手榴弾が頻繁に盗まれて売りさばかれている)
父親・金正日が他界してもまだ軍の統治が完成させていなかった
軍による近隣住民に対する食料品の略奪が相次ぎ、この解決なく軍の統治は困難と判断、各部隊にやぎの飼育と豆の栽培を命令した
全力でやぎ飼育、豆の栽培:その基準は軍人3人でやぎ1頭、豆200グラム/日確保。
脱北国で今は韓国軍のアドバイザー役をしながら、今も北朝鮮に残してきた部隊仲間と連絡を取り合い、要望を聞き支援していた。
例えば、軍服、階級バッチ等を売りさばいて欲しい、これらはどれも軍人にとって大事な物、処分がばれれば死刑もの。
北朝鮮軍は3部門からなっている、1つは作戦を実行する部隊、2つ目は1の実行部隊に命令して統括する部隊、3つ目は先の1と2部隊を統治する。
全軍内部が若き指導者金正恩氏に絶対忠誠で誓う事がなかなか徹底しなかったので焦る、全軍の幹部達の心情・好み・考え方等詳細にレポーさせて全人物を把握しようとした。そして少しでも党や金正恩氏に反発敵言動、軍隊を許可無く移動させた事などあれば例外なく全て粛清対象とした、その典型が実力の2おじ(父親の妹の主人)チョオン・ソンテク2013年12月12日処刑、その後も参謀本部長も粛清されるなど、疑わしきは罰せよに徹底した。
情報内容には全軍の任務範囲と高射砲の位置、これらの情報を地図で確認して気づいた事とは?  首都ピョンヤンを担当する部隊なし⇒クーデター防止の為配置していない。通常の部隊でない
公開処刑は「見せしの為」、できるだけ多くの人々に恐怖心を植え付けるため、そして軍によるお統治の強化。
ファイル作成者から家族へ(恐らくファイル作者は作成して持ち出しすれば二度故郷には戻れず、脱北者になるしかなく、別れの置き手紙と思います)
◯◯◯姉へ、家の事をお願いします。妻を私のように愛して下さい。感謝します、永遠に。(2014/1/7)

スポンサーリンク

まとめ
北朝鮮首脳部は軍隊は勿論、一般庶民までも恐怖心で人を管理できると信じている。しかし、恐怖心では人を本当には管理できない、信頼と思いやりを互いが感じる時に、人は頑張れる。努力してベストを尽くして最大実績を返したくなる。恐怖心で支配した側も相手を信用していないので、逆に相手からの反撃クーデター等が心配で、いわゆる外国の敵よりも国内の敵対運動をいかに封じ込められるかが大事です。
北朝鮮の改革・開放が早く進み恐怖政治から開放してあげたい。日本国内でも数々の問題があるが、原則日本は何でも言いたいことが言える事はありがたい事です。北朝鮮はその自由が一切ない。どれだけ息苦しいか。
金正恩第一書記は軍の掌握が途上にある時に「軍需品の横流し、機密の漏洩等違反行為を放置すれば中東で起こった革命の如く、祖国が砂のようにくずれてゆく」と憂い、徹底的な情報管理とそれによって判明した問題要因の可能性ある人物は徹底的に粛清して根絶し、その状況を見せしめとして公開した。彼はスイス留学等で人間の一般的感性を十分理解していると思われます。しかし祖国の為に恐怖心・情報と食料統制で国民を欺き支配し続ける事が非常識であるか?自国の発展と繁栄が核ミサイル中心の軍需産業、脅し外交で実現できると思っている事は2代続いた強烈な国家思想・共産主義故なのかと思います。
ファイル作成者はこれだけの情報を知り得る人物故に軍の幹部、そして何故にこの情報を外部に出したのだろうか?単に金銭が目的なのか?違うと思う。国内には現体制を改革できる組織、チャンスが見当たらない。がんじがらめの統制を国内からではなく外圧で解きあかしてくれることを期待したのではないだろうか? 

スポンサーリンク

 - 世界平和, 政治