タフオ

Just another WordPress site

*

世界一難しい恋、鮫島社長は自分の欠点を受け入れ美咲に迫れるか?

      2016/06/03

Pocket

あらすじ:前回のラストでホテル業界の星、鮫島社長(大野)は一目惚れの社員美咲(波留)を自宅に招き、相手も待っといたキスをする所で失敗、逆上して「お前は首だ」、言ってはいけない一言、後悔先に立たず。今回はその破綻した関係をいかに修復するか社長だから難しい相手の立場で言えない、考えづらい・・・を克服できるのでしょうか?鮫島がんば!

スポンサーリンク


相関図
(相関図をより鮮明に見たい方は⇒ここからリンクして下さい
相関図世界で一番難しい恋

世界一難しい恋逆転

第8回目(6/1)のポイント
恋人・美咲(波留)にキスをして更に関係を深めようとしたが失敗した鮫島零治社長(大野)は失意のあまりその場で逆上し美咲に「お前はクビだ、直ちにクビだ」と言ってしまった。その直後に後悔したが、美咲は益々社長の真意が理解できず、何て小さな人間で思いやりもない人間かと誤解を深めて退社してしまう。
社長は美咲が退社したことで日々、意気消沈して、それを会社の身近にいる企画部メンバーが心配し、普段怖い社長ながら再度、元気になってもらいたく美咲を招き彼女の送別会で社長との関係が復縁されることを願い実行する。美咲は恐縮しながらも元同僚の勧めで出席、主催してくれたことに感謝の挨拶をした。鮫島社長も復縁を願い「君が再度、我が社で頑張りたと思えば、退社を取り止め以前同様に我が社で頑張り給え」と激励を兼ねたメッセージを送別会で美咲に伝えた。これを聞いた同僚の社員達はこれで美咲は会社に戻り、社長も元気をなると思ったがしかし、美咲は予想外の事を言った「社長、ありがとうございます、しかし私は既に和田社長に会い、ステイゴールドホテルに入社しました」。これを聞いた鮫島は再度逆上して、「何て恩知らずなんだ。よりによってライバル社に行くとは、お前なんかは二度と顔も見たくないにので、ここ神奈川県外で働け、お前なら海外でも働けるだろう・・」。美咲はこれを聞き更に、鮫島の器の小ささ等がいなやになり、送別会を途中で退席した。鮫島はかっこつけに今回の経費は全て俺が持つ飲み放題とするも再度、本件は社内で社長の評判を降格することになった。
鮫島はライバルの和田社長に会い、美咲を奪った如く、反感を伝えた。すると和田は鮫島に「君は彼女の取扱を間違えた。彼女の様な容姿と才能のある者は身近に置くべきでない。彼女は受付のコンシェルジェが最適だ」更に和田は鮫島に「君こそ、私から村沖舞子さんを奪った、彼女ははっきり言った。鮫島社長が好きなので私とはお付合できないと」和田の説明から鮫島は2点驚いた。納得したくわなかったが美咲からライバルのステイゴールド社に移った舞子が自分に好意をいだいている事を知らされた。
そんな折、鮫島社長の父親幸蔵(小堺一機)が突然現れてる。息子の事がいろいろと心配で現れたのに、父親を何かと叱責し、そんな息子の態度に幸蔵は何も言わず、それどころか息子に気を使っていた。その昔、幸蔵は仕事も家族も適当だった。そんな夫に愛想をつかし零治の母親は家を出て行ったきり帰って来なかった。その事で零治は父親を許せなかった。幸蔵は過去の自分の不足を自覚して息子の前に現れて、罪滅ぼしの思いから出きるだけの事して帰宅した。いつしか零治はそんな父親を許し受け入れるのだった。
また鮫島は美咲との関係が終わった事を自覚して、和田から教えられた自分に好意いだく社長秘書舞子を今までに無く、異性として意識する。そして交際をしようと提案すると舞子は「社長は美咲さんとの破綻がショックで異性ならば誰でもいいと言う精神状態、私に対する思いもその甘えに過ぎ無いのでやめて下さい」と拒否する。
それにより鮫島は父親と舞子のアドバイスで目覚め、美咲に会ってこれまでの自分達の欠点を互いに認め合い再度、つき合ってくれと恥も外聞も捨ててアタックする。つまり美咲より指摘された欠点「器が小さい」と美咲の欠点を「ゲーテいわく、欠点を愛せない人はその人を本当に愛しているとは言えない」を引用して「短くても私を愛していると言ったがそれはまだ本当の愛ではなかった。でもその欠点を私は許す。」と伝えるのだった。美咲は一方的な鮫島の言葉に初めはただただ、拒絶していたが遂に「2つの条件に同意するならばと言った。1つは今夜はそのまま別れること。もう一つの条件は後でメールで送るのでその時に知って同意すること。鮫島は期待と不安を抱えつつも美咲の言葉に同意した。

スポンサーリンク

まとめ
前回の最後、今時いるのかな相手が待っているキスを誰もいない自宅で彼女に出来ない男性が???どれだけ鮫島社長は不器用な人、これはもう現代においては化石に近い人物として日本が歴史に誇れるかどうかは別として世界遺産に登録したいように人です。彼はそれ程、貴重で愛してやまない、愛(いと)おしい人物です!
人は成長するものです。初めうぶで好きと声にも出せない様な鮫島ならぬ金魚のような人でも、今回のラストシーンで手強い美咲にアタックし続けて遂に復縁できる条件2つを引出、1つは直ぐに実践できパス、残りのもう一つさえパスすれば・・・ 次回、想定外の事を良くする美咲はどんな条件をメールで知らせてくるのか? 心配です、もう1つ恋は強くする人を。
③平和な日本ならではの(純愛?タイプの)恋愛物語、でも見れば見るほど、そんなバカなと思いつつ、心がほっこりしてきます。純粋な恋心自体が各人、大事な宝物と思えますので大事にしたいです。そして鮫島零治頑張れ!ついでに村沖舞子もどうなるの?ちょっと気になります。美咲は少しだけ気になります、だって強いんだもの? 皆様は?  

スポンサーリンク

 - 芸能